格安中華アクションカムとGoProの画質の違いはどのくらいか

中国製の格安アクションカムとGoProの画質

アクションカムと言えばGoProですが、格安アクションカムもあります。3000円くらいの格安の中華アクションカムと呼ばれれているものも複数あります。それらの格安中華アクションカムと、GoProでは、動画の画質はどのくらい違うのかが、特に気になるところだと思います。

GoProと同等以上の画質でないといけないなら、格安アクションカムは使えません。GoProと比べれば、格安中華アクションカムの動画の質は、どうしても落ちます。そこは、価格が15倍から20倍くらい違うので、仕方がないことです。逆に、3000円のアクションカムと、GoProの画質が同じくらいなら、GoProのほうが大問題です。以下に続きます。


スポンサーリンク


それに、格安アクションカムは、GoProと比べれば、音質もGoProよりもこもったように聞き取りにくいこともあります。GoProよりも、画質も音質も劣るのが格安中華アクションカムです。

そこで、気になるのは、GoProとどのくらい動画の質が落ちるのか、実用的に使える範囲なのかです。中華格安アクションカムは、3000円くらいの動画でも、実用的に使える範囲です。3000円くらいといっても、動画のファイルが壊れているとか、縞状のノイズが出て動画をまともに見られないことはないです。

それに、格安中華アクションカムは、アクションカム本体の値段を考えれば、本当に驚異的に安い値段で、その値段でよくこれだけ写るなと思うものばかりです。実際には、3000円くらいのアクションカムでも、本体はもっと安いです。実際に購入してみると分かりますが、アクションカム本体以外に、色々な付属品が付いてくるからです。

格安アクションカムを申し込んでから家に付いて、梱包を開けてまず思うことは、アタッチメントがかなりあることです。そのアタッチメントはGoProでも使えるものが入っていて、そのアタッチメントは複数入っています。このアタッチメントを考えれば、3000円の格安アクションカム本体の値段は、さらに安いです。

それに、バッテリーが本体分と付属分の合わせて2つ入っていたりすることも考えると、格安アクションカムの本体の値段は、超格安アクションカムと言ったほうがいいくらいの値段になります。

格安アクションカムは、写真のカメラが今まで辿ってきた道をアクションカムも同じような道を行っていると思います。フィルムカメラの時代には一眼レフ+交換レンズよりかなり安価な写ルンですが出てきましたが、一眼レフでの明るいレンズでの背景のボケや、スポーツ写真での動感溢れる写真は望めなくても、記念写真は写ルンですでも綺麗に撮れていました。

そして、フィルムからデジカメになって、センサーが35mmフィルムから相当に小さくなっても、綺麗に撮れます。アクションカムの場合で言えば、GoProと格安アクションカムのセンサーの大きさは同程度なので、言うほど画質に差はないです。

写真の場合には、35mm判という非常に大きなセンサーと比べれば、1/1.7型でも相当に小さいですが、1/1.7型センサーのコンデジでも、実際には綺麗に撮れます。35mmの一眼よりもコンデジのほうが値段がかなり安くても、コンデジでも綺麗な写真も撮れます。

写真が辿ってきた道を、アクションカムで考えると、センサーの大きさも同程度の格安アクションカムでそんなに画質に差が出ないでも不思議でもないです。ボディの堅牢性や、バッテリーの安全性を考えると、GoProのほうがいいと思います。

実際には絵作りが違って、GoProのほうが自然な絵作りで、格安アクションカムでは色付けしたような鮮明さの違いがありますが、デジカメでも一眼とコンデジにもそのような絵作りの差があります。

あとは、レンズの質がどうしても、中華性アクションカムのほうが落ちるので、GoProのほうが画質がよくて、髪の描写などで優れるところがあります。しかし、GoProと3000円アクションカムの値段を考えると、GoProにそれだけの価格の差ほどの画質に優れるかと言えば、そんなことはないです。

アクションカムというカテゴリ自体が、全てのアクションカムがセンサーが小さいです。GoProのセンサーも、写真用のデジカメのセンサーで考えると、豆粒センサーと言われる程度のものなので、画質のことをそんなに言えるほどのものでもないです。

動画の最高画質を求めるならGoProではなく、35mmセンサーの一眼と優れたレンズです。35mmセンサーの一眼の動画は、GoProの動画がおもちゃに見えるほど画質がよくて、夜間撮影でもノイズらしきものも見えないくらいで、動画の画質でGoProを求めるのもおかしな話です。

アクションカムの動画は35mm一眼ほどの高画質を求めるものではなく、色んな場面で気軽に使えるものです。格安アクションカムは、その値段で考えると、画質もそんなに劣っているわけでもなく、GoProよりさらに気軽に使えるものです。

RX0M2、GoPro HERO7、OSMO POCKETの比較

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。スマホとコンデジの画質と決定的な違いに、スマホとコンデジのことを書いています。

単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事