K-1とD810の違いと比較

K-1とD810

K-1D810の主な違いと比較を書いています。画素数は、どちらの機種の総画素数も約3700万画素前後です。どちらの機種もローパスフィルターレスです。デジタル専用レンズと銀塩フィルムレンズの画質の違いに、ローパスフィルターのことも書いています。K-1にはローパスセレクター機能があるので、偽色とモアレを手ブレ補正を使って防ぐことができます。以下に続きます。


スポンサーリンク


K-1のISO感度は、ISO100からISO204800まで拡張感度なしに使える常用感度ですが、D810の常用感度はISO64からISO12800です。D810は減感と増感の拡張感度で、ISO32からISO51200相当まで使えます。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。

K-1のほうが高感度域が広く、D810のほうが低感度域が広いです。高感度撮影をする機会が多いのならK-1がいいですが、ISO64と拡張感度でISO32まであるので大口径レンズでも晴天時で絞り開放で使えます。K-1の液晶モニターは約103.7万ドットで上下に約44度、左右に約35度に動かせます。

D810のモニターは約123万画素で固定式です。K-1のモニターは4本のステーで保持できるのも特徴で、液晶モニターの利便性はK-1のほうが上回っています。K-1のAFの測距点数は33点でクロスセンサーは25点、D810は51点で15点がクロスセンサーです。K-1のAFの検出輝度範囲はEV-3から18で、D810のAFの検出範囲は-2から19です。

K-1には4Kのインターバル動画の機能があります。連写性能は、K-1は35mm判相当で約4.4コマ/秒で70コマ、D810は35mm判相当で約5コマ/秒で最大100コマまでの連続撮影できます。K-1はAPS-C相当で約6.5コマ/秒です。D810はDXフォーマットで約6コマ/秒、バッテリーグリップのMB-D12とバッテリーのEN-EL18a、単三電池、ACアダプターのEH-5bを使ったDXで約7コマ/秒のAF追従連写ができます。

K-1はSDカード系のダブルスロットで、D810はSDカードとCFのダブルスロットです。K-1は約30万回のレリーズテストをクリアで、D810は約20万回です。K-1は氷点下-10℃でも動作環境内ですが、D810は氷点下では動作環境外です。K-1には内臓フラッシュはないですが、D810にはフラッシュが内臓で、ガイドナンバーは約12です。

K-1にはWi-Fi、GPSも内臓していますが、D810にはどちらも内臓していません。K-1はCIPA基準で約760枚の撮影枚数で、D810はCIPA規格で約1200枚の撮影枚数です。CIPA規格ではバッテリーの撮影枚数を計る時に、撮影の50%はフラッシュを発光する決まりになっているので、それを考えるとフラッシュ非搭載のK-1はD810よりもかなりバッテリーの持ちが悪いです。

D810は手ブレ補正はレンズ式でボディ内非搭載ですが、K-1にはCIPA基準で5段もの撮像素子シフト式のシェイクリダクション IIがあります。この手ブレ補正内臓があると、全てのレンズで手ブレ補正が効いていざという時にも頼りになるので、これがD810とK-1の大きな違いです。一眼レフで手ブレ補正内臓なのは、ペンタックスブランドだけです。

K-1は操作面でもスマートファンクションがあって設定しやすくなっています。手ブレ補正機能を使った4枚の連続撮影で高画質になるリアル・レゾリューション・システムも、K-1にはあります。K-1は人工知能のディープラーニングの画像アルゴリズム、操作部アシストライトでのLEDの点灯もできて、K-1の機能はD810を凌駕しています。

K-1とD810は価格帯が近いフルサイズ機ですが、D810にはない複数の機能がK-1にはありますが、K-1は一眼レフにしてはバッテリーの持ちが悪い欠点があります。ニコンとペンタックスで使いたいレンズがどの程度があるかなども含めて、K-1とD810のどちらにするかを決めればいいと思います。D810の本体のみで約880gで、K-1は本体のみで約925gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事