ミラーレス一眼が一眼レフのミラーショックよりブレる

ミラーレス一眼がシャッターショック一眼

ミラーレス一眼をせっかく買ったのに、一眼レフのミラーショックよりも機構ブレのシャッターショックが生じてブレた写真になることがあります。

関連記事 手ブレと被写体ブレと機構ブレとは

ミラーレス一眼の電子先幕シャッターをオフにしてメカシャッターでシャッターを切ると、先幕と後幕の音がします。

電子先幕シャッターのメリットとデメリット

そこに書いてある電子先幕シャッターの問題があっても、電子先幕シャッターにしたほうが機構ブレを抑えられる利点があります。

関連記事 グローバルシャッターとローリングシャッターの違いとは

このグローバルシャッターは理想的ですが、それ以前の電子シャッターでは、どうしても、被写体が歪むことがあります。そのため、電子シャッターを使う機種でも、メカシャッターと併用しています。以下に続きます。


スポンサーリンク


ミラーレス一眼でも、メカシャッターを使う限りは、機構ブレが生じてブレやすくなりますが、これが一眼レフのミラーショックよりも問題になることさえあります。

ボディが小型であるほど、ミラーレス一眼の機構ブレによるシャッターショックが大きく感じるのは、小さいボディにショックを吸収できないからだと思います。

一眼レフのミラーショックよりブレるのを実感すると、ミラーレス一眼にもミラーショックがあるような感覚にもなります。

一眼レフもミラーレス一眼もどちらもレンズ交換式で、ミラーレス一眼の構造は、一眼レフのカメラ史から踏襲して、そこから変化させていったものです。

そのため、ミラーレス一眼には、ミラーレスとは言っても、一眼レフのカメラ構造を受け継いでいます。

これは、ミラーレス一眼なら一眼レフの形にこだわることがないのに、まるで一眼レフの形をしたミラーレス一眼があることからも、デザイン面ですら一眼レフを踏襲していることからも分かります。

一眼レフの最上位機には、ミラーショックを抑えるために効果的なミラーバランサーを備えています。この最上位機の一眼レフよりも、ミラーレス一眼のほうがシャッターショックが大きくてブレやすいことがあります。

ミラーがなく、ミラーショックの機構ブレがない利点でミラーレス一眼を購入したはずが、一眼レフのミラーショックよりもブレると、ミラーレス一眼にはシャッターショック一眼の面もあります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事