ワードプレスよりHTMLサイトで運営する理由

ワードプレスよりHTMLサイトで運営

当サイトはHTMLサイトとして運営してきていますが、以前から、WordPress(ワードプレス)とHTMLサイトの違いとか比較をしているサイトに書いてあることが、かなりズレているのではと思っていたので、そのことを書いています。

独自ドメインをワードプレスとHTMLでする時に、ワードプレスでするほうが常識のようにもなっていますが、ここに問題があります。以下に続きます。


スポンサーリンク


ワードプレスとHTMLサイトの違いを書いているサイトのほぼ100%が、ページ数が多いとワードプレスでするべきと書いています。他には、毎日記事を書いて、更新頻度が高いサイトもワードプレスのほうが向いていると書いています。

何で、こんなことが言われているのでしょうか。ワードプレスとHTMLサイトの違いは、動的か静的かと言われていますが、もっと根本的には更新がどれだけ楽かが言われています。

しかし、HTMLサイトは慣れれば更新は非常に簡単です。ワードプレスブログの運営者が言っているのは、HTMLサイトだと、どうやって作ればいいのか、最初から分からないなどと言っています。

ワードプレスは、独自ドメインの運営を非常に簡単にするように、独自ドメインの無料ブログ化のような状況を作り出しています。ワードプレスは、利用者が最も多いCMSです。

CMSと言われるコンテンツ管理システムは、HTMLの編集能力が全くなくてもサイトの更新ができるようにした技術です。ウェブ ブラウザから管理画面にログインして、ページの編集作業をするので、やっていることは無料ブログと同じ程度です。つまり、ワードプレスでの更新作業のレベルは、無料ブログと同程度になっているのです。

HTMLサイトで独自ドメインを運営するのが常識の時には、独自ドメインの取得から文章を書いて更新していくことに大きな壁があったのが、ワードプレスの普及で独自ドメインの運営が簡単になったのです。

これは、本来ならば、独自ドメインを運営するだけのリテラシーがない層にまで、ワードプレスの普及で独自ドメインの運営ができるようになってしまったことを意味します。

本来ならば、と言うのは、ウェブサイトの構成はHTMLとCSSで成立するものです。ワードプレスの普及以前には、Movable Type (ムーバブル・タイプ)がありましたが、このMTからワードプレスに移行して、今は独自ドメインのCMSと言えば、ワードプレスになっています。

ワードプレスが最も利用者が多いCMSという状況がいつまでも続く保証などないのに、ワードプレスにすがりついて、HTMLの知識が全くないのは、サイト運営として、それこそ問題です。

ワードプレスのほうがコンテンツのボリュームが多くて、更新頻度が高いサイトに向いていると思い込んでしまって500ページ以上のサイトを作ったけれど、ワードプレスの知識が必要なくなった時にどうするのでしょうか。

日本で最もページビューが多いのはヤフージャパンのトップページですが、そのソースを見ると、HTMLであることが分かります。ヤフーのトップーページは、HTML 4.01 Transitionalです。

(ちなみに、ヤフーのソース内には、コメントで、わざわざソースまで見てくれてありがとうとか書いていることもありました。こんなことが分かるのも、ページのソースを見ているからです)

HTML 4.01は1999年なのに、ヤフーのトップーページはまだHTML 4.01です。これは、HTMLは一度作成すれば、ワードプレスのように頻繁に更新する必要がないだけのセキュリティ面での安全性があることです。

だから、「まだHTML 4.01を使っている」というより、「HTML 4.01は現在でもまだ使えて健在」と言ったほうが正しいです。1999年のHTML 4.01ですら長年使えて、しかも、日本で最もページビューを誇るページにさえ使えて健在なところが、HTMLのすごいところです。

ワードプレスはセキュリティ面の脆弱性が繰り返し問題になっていますが、HTMLサイトなら、2000年以前に勧告されたものであっても、いつまでも使い続けることができます。ここにも大きな違いがありますが、これは独自ドメインを無料ブログと同程度でしか使えないために起こっている安全面のリスクをワードプレス運営で被っているわけです。

ワードプレスとHTMLサイトの大きな違いは、サーバーの負荷にもあります。ワードプレスはアクセスがある度にページ生成が行われる動的サイトで、HTMLサイトは予めアップロードしているページを見せているだけの静的サイトです。

この違いは、1枚1枚コピー機でわざわざコピーしていることと、壁に1枚の紙が貼っていてそれを見ているだけの違いと考えたら分かりやすいでしょうか。

サーバー代がかかると言いながら、ワードプレスを使うしかないのも、HTML編集能力がないことで起こっている問題です。環境問題の点から考えても、ワードプレスよりもHTMLの静的サイトのほうが理想的です。

アクセス数が跳ね上がってワードプレスブログでは負荷が来て見られない状態でも、HTMLの静的サイトではそれほど負荷が来ないでページが見られるので、サイト安定の面でもHTMLサイトのほうが理想的です。

ワードプレスブログは、HTMLサイトよりページ表示が非常に遅いので、訪問者がストレスになるのに、それでもワードプレスを使って、軽いページ作成ができるHTMLを使わないのもHTML編集能力がないからです。

あとは、ワードプレスブログはブラウザの管理画面でのログインで簡単に編集できるので、外注に使われることが非常に多いです。言い換えれば、HTMLサイト運営の知識がない外注作業者でも、ワードプレスブログなら編集作業ができるということです。

ワードプレスブログは、外注サイトで主婦や学生が非常に安い値段で文章を片手間で書いてあるものが載っていることもよくあります。

※当サイトは、外注を一切使っていません。Googleと外注ワードプレスブログにペナルティにも、書いています。

ワードプレスでしか独自ドメイン運営をしたことがないと、HTMLサイトは手打ちで最初から自分で作らないといけないと思い込んでいることがありますが、これも間違いです。HTMLのテンプレートは色々あるので、それを使えばいいだけです。

ただし、HTMLのテンプレートのソースを見て変えることができるだけの編集技能は必要です。XHTMLは半角を入れて/をするとかの意味が全く分からないとか、色を編集するのにCSSは必要ないからHTMLの中にタグを無理やり書いておけばいいとか思っているなら、問題です。

HTMLが更新が非常に手間がかかるというのも、よく分かりません。単に前に作ったhtmlファイルをコピーして、そのhtmlファイルの名前を変更して、そのソースにタイトルから文章を書いていけばいいだけで、簡単なコピペ作業みたいなものです。

これも大きく勘違いしているのは、HTMLサイトなのだから、更新時に1から手打ちしないといけないと思い込んでいることです。そんな効率が悪いことではなく、単純なコピペ作業のようなことはHTMLサイトでもできます。

シリウスとかのHTML簡単作成のツールソフトがあるようですが、逆にそんなソフトを使うと不便になるので、自分でファイルを作って、簡単にコピペできるように考えればいいだけです。HTMLは編集の自由さに魅力があるのに、HTMLツールソフトはその魅力を台無しにするものです。

ワードプレス運営者の悩みが、バックアップにもあります。HTMLサイトのバックアップは一瞬で済みます。パソコンの1つのローカルフォルダの中にサイトのコンテンツ構造が全て入っているので、そのフォルダをコピーすればいいだけです。その1つのフォルダにサイト構造が全て入っているので、再現することも簡単です。

ローカルフォルダの中にファイルがあるだけということは、文章の変更もすぐできることです。ブラウザでログインの必要など全くなく、置換ソフトで全てのファイルの文章を一括変更すればいいだけで、非常に簡単です。

ワードプレスがHTMLサイトに勝る理由として挙げられるコンテンツボリュームも更新頻度も、実は、(慣れればですが)HTMLサイトでもページ数がいくら増えても更新しやすく、更新頻度も効率よくすれば簡単にできるのです。

ワードプレスはHTMLサイトより、安全面に脆弱性がある、サーバーの負荷でサーバー代がかかる、ページ表示が重い、外注の問題、サイト運営で不変のHTML能力が身に付かない、バックアップがHTMLのほうが優れるのように、HTMLサイトのほうが優れています。

HTMLサイトは完成するサイトを作るためのもので、ワードプレスはいつまでも続けていく気概がある時に使うものと言われるのもかなり不思議なことで、HTMLサイトもいつまでも続けていくつもりのサイトで、更新し続けるサイト作成にも非常に向いています。ただし、ワードプレスはブログとして記事更新が前提で作られているので、HTMLのほうが完成形に向いていることはあります。

ペラサイトがHTMLで、パワーサイトならワードプレスという括りも、HTMLの編集が相当に難しいという前提がありますが、パワーサイトこそ、サイト作成に不変のHTMLサイトにしないと、ワードプレスはいつまでも続くと思っているのでしょうか。

無料ブログ運営者をリテラシーがないから、独自ドメインでワードプレスを使うように言っているワードプレス運営者は、実は、無料ブログと似たようなリテラシーのレベルです。ワードプレスブログを運営しながら、安全面の脆弱性がどれだけ大切かを語るのなら、まずは、ワードプレスからHTMLサイトにしてはどうかと思います。

企業サイトがワードプレスを運営していたら、そこの企業の安全面で非常に問題で、大企業がワードプレスを使いまくっていたら、そこの大企業は大丈夫だろうかと思えてきます。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事