G5 XとGR IIの違いと比較

G5 XとGR II

キヤノンのPowerShot G5 Xと、リコーのGR IIの主な違いと比較を書いています。G5 Xは1.0型の裏面照射型CMOSで、GR IIはAPS-CサイズのCMOSであることが大きな違いです。裏面照射型は、従来の表面照射型よりも高感度時のノイズが減少したCMOSです。G5 Xの総画素数は約2090万画素で、GR IIの総画素数は約1690万画素です。GR IIのほうが撮像素子が大きいのに、総画素数が少なくなっています。そのため、GR IIのほうが高感度域が広がっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


G5 XのISO感度はISO125からISO12800までですが、GR IIはISO100からISO25600まで使えます。G5 Xの画像処理エンジンDIGIC 6で、GR IIの画像処理エンジンはGR ENGINE Vです。G5 XとGR IIには、レンズの焦点距離にも大きな違いがあります。G5 Xは24mm相当から100mm相当まで使えるズームレンズですが、GR IIは約28mm相当の単焦点レンズです。レンズの開放F値は、G5 Xは広角端でF1.8で望遠端でF2.8、GR IIの開放F値はF2.8です。

G5 XはF11までレンズが絞れますが、GR IIがF16まで絞れるのは、最小絞り値にセンサーの大きさの違いが出ています。G5 Xの実質の焦点距離は8.8mmから36.8mmで、GR IIは18.3mmです。普段から広角撮影が多いのなら、28mm相当のGR IIが適しています。24mm相当から100mm相当は特によく使う画角なので、G5 Xの焦点距離ならGR IIより撮影場面が広がります。1型とAPS-Cサイズの違いはあっても、G5 Xでも望遠側を使ったら背景をぼかすこともできます。

G5 Xは望遠端で36.8mmのF2.8で撮影できて、100mm相当の画角になるので、望遠端を使えばGR IIよりもポートレートでも被写体を浮かび上がらせることもできます。GR IIの18.3mmのF2.8で28mm相当の画角での撮影は、G5 Xの広角撮影よりは背景をボカすこともできます。G5 Xはレンズの先端から被写体まで広角端で5cmまで寄れますが、GR IIはレンズの先端から被写体まで寄れるのは約10cmです。GR IIには、35mmと47mm相当のクロップモードがあります。

47mm相当のクロップの画素数は、約560万画素までになってしまいます。G5 Xはデジタルテレコンの約2.0倍で、48mm相当で使えます。デジタルテレコンとはに、デジタルテレコンのことを書いています。G5 Xには、適正露出になるように3段分の減光ができるオートNDフィルターの機能もあります。G5 Xには光学式の手ブレ補正がありますが、GR IIにはありません。G5 XにはEVFがあって、GR IIにはないのも大きな違いになっています。

G5 Xには0.39型で約236万ドットのEVFがあるので、特に、晴天時の直射日光下ではモニターだけのGR IIより被写体が見やすく撮影がしやすいです。G5 Xの液晶モニターは3.0型の約104万ドットのバリアングル式で、タッチパネルに対応しているのでタッチシャッターも使えます。バリアングル液晶での自分撮り専用の撮影モードもあります。GR IIのモニターは固定式の3.0型の約123万ドットで、タッチパネルには非対応です。G5 Xのシャッタースピードの上限は、1/2000秒です。

GR IIのシャッタースピードの上限は1/4000秒で、開放F値のF2.8では1/2500秒が使えます。レンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターの違いとはに、シャッタースピードが変わることを書いています。G5 Xは30秒までとバルブ撮影、GR IIは300秒までとバルブ撮影もできます。GR IIには内臓メモリーが約54MBあります。G5 Xは約5.9枚/秒、GR IIは約4枚/秒の連写ができます。G5 Xは静止画で±3段、GR IIは静止画で±4段の露出補正ができます。

G5 XはフルHDで60pで動画撮影ができますが、GR IIはフルHDで30fpsです。GR IIのボディには、マグネシウム合金が採用されています。G5 XのバッテリーはNB-13Lで、CIPA基準で、ファインダーで約215枚、モニターで約210枚、エコモードで約320枚です。GR IIのバッテリーはDB-65で、CIPA基準で約320枚です。G5 Xの本体のみの重さは約353gで、GR II本体のみの重さは約221gです。GR IIほうがAPS-Cとセンサーが大きいのにボディが軽く、気軽に撮影することができます。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事