キヤノン G16とニコン P7800の違いと比較

G16とP7800

キヤノンのPowerShot G16と、ニコンのCOOLPIX P7800の違いを書いています。P7800は画像エンジンがEXPEED C2で前機種のP7700と同じですが、G16は前機種のG15のDIGIC5からDIGIC6になっています。P7800はISO80からISO1600までで、ISO3200とHi 1のISO6400相当も使えます。G16はISO80からISO12800まであるので、P7800よりG16のISO感度のほうが2倍の一段の余裕があります。G16もP7800も1/1.7型で撮像素子の大きさは同じで、総画素数も約1280万画素でどちらも同じです。P7800の最短撮影距離はマクロAFの広角端で先端レンズ面の中央から約2cmで望遠端が約80cm、G16のマクロはレンズ先端から広角端で1cmで望遠端で40cmです。以下に続きます。


スポンサーリンク


G16は28mm相当から140mm相当で実質の焦点距離が6.1mmから30.5mmで、レンズの明るさは広角端がF1.8で望遠端がF2.8です。P7800は28mm相当から200mm相当で実質の焦点距離が6.0mmから42.8mmで、レンズの明るさは広角端のF2から望遠端のF4です。G16のほうがP7800より広角端でも望遠端でもマクロ撮影に強いのは、G16のほうが60mm相当の焦点距離の短さがあります。G16の28mmから140mm相当で十分なら、レンズも明るくてマクロ撮影に強いG16のほうがいいです。P7800には約86MBの内臓メモリーがありますが、G16にはありません。P7800はレンズフードの着脱が必要ですが、G16は自動開閉式なので着脱の必要はありません。

P7800にもG16にも、シャッタースピードで3段分の減光ができるNDフィルターを内臓しています。3段分は光量で1/8になるので、シャッタースピードを1/8にできます。P7800には前後ダイヤルがありますが、G16は前ダイヤルのみです。G16はエコモードにするとバッテリーの撮影枚数が約480枚ですが、P7800で約350枚です。G16のほうが約130枚もバッテリーが持ちます。G16には星空撮影モードが新設されていますが、P7800にはありません。P7800には0.2型で約92万ドットのEVFがありますが、G16は背面の液晶モニターのみです。晴天時に液晶モニターに日差しが当たる時にも、EVFなら被写体を確認して撮影ができます。

G16は背面液晶が固定式なので、日差しが強い時に液晶モニターで撮影する時には撮影しにくいです。P7800がバリアングル液晶なので、液晶モニターに直接に日差しが当たる時にも日差しが当たらない角度に変えて、被写体の構図も動かさずに撮影できます。晴天時の撮影は、G16よりもP7800のEVFとバリアングル液晶のほうが、撮影がしやすいです。G16もP7800の液晶モニターも、3.0型で約92.2万ドットなのは同じです。G16はWi-Fi内臓ですが、P7800はワイヤレスモバイルアダプターのWU-1aを使ってのWi-Fi接続が必要です。G16にもP7800にもGPS機能は内蔵していないですが、P7800ではGPSユニットのGP-1Aが使えます。

キヤノン PowerShot G16のレビューと比較にG16のことを、ニコン COOLPIX P7800のレビューと比較にP7800のことを書いています。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事