FZ85とB700の違いと比較

FZ85とB700

FZ85とB700の主な違いと比較を書いています。

FZ85の有効画素数は1810万画素で、B700の有効画素数は2029万画素です。FZ85とB700のセンサーはどちらも1/2.3型で、B700は高感度時のノイズ減少に定評がある裏面照射型CMOSですが、FZ85はそのCMOSではないです。以下に続きます。


スポンサーリンク


FZ85のレンズの焦点距離は20mmから1200mm相当で、実質の焦点距離は3.58mmから215mmです。B700のレンズの焦点距離は24mmから1440mm相当で、実質の焦点距離は4.3mmから258mmです。

B700のほうが望遠側で240mm相当の余裕があるので、より望遠撮影をしたいならB700です。野鳥の撮影などを重視するなら、B700のほうがいいです。

FZ85とB700では、広角端で20mmと24mmの違いがあります。広角端と望遠端の決定的違いとはに書いてありますが、広角端の違いは重要なことです。

FZ85のレンズが最も明るい開放F値は広角端でF2.8で、望遠端でF5.9です。B700のレンズの最も明るい開放F値は、広角端でF3.3、望遠端でF6.5です。

FZ85のほうが広角端でも望遠端でも、レンズが明るいです。FZ85のほうが広角端で20mmとさらに広角側ですが、レンズが明るく使えます。

20mmは超広角ですが、24mmは広角に入る画角なので、広く写る範囲が違ってきます。FZ85のフィルター径は55.0mm径で、B700は52mmです。

ファインダーは、FZ85が約117万ドットで、B700は約92万ドットです。FZ85のEVFの視度調整の範囲は-4.0から+4.0で、B700は-3から+1です。

ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。B700はEVFなのに、視度調整の範囲が狭い欠点があります。

FZ85にはアイセンサーはないですが、B700にはアイセンサーがあります。FZ85のモニターは、3型の約104万ドットで、モニターは固定式です。

B700のモニターは、バリアングルの3型の約92万ドットです。バリアングルモニターはかなり便利に使えます。バリアングル式とチルト式と固定式モニターの違いに書いています。

FZ85のISO感度はISO80からISO3200で拡張感度にISO6400、B700はISO100からISO3200までです。FZ85のほうが低感度も、高感度域も広いです。

拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。FZ85のシャッタースピードの上限はメカシャッターで1/2000秒、電子シャッターで1/16000秒です。

B700のシャッタースピードの上限は、1/4000秒です。電子シャッターとメカニカルシャッターの違いに、電子シャッターのことを書いています。

連写性能は、B700は約5コマ/秒ですが、FZ85はAFCでも約6コマ/秒です。FZ85のAF性能は、精度に優れたコントラストAFの速度が向上した空間認識AFです。

FZ85の露出補正は±5段で補正できて、1/3刻みで補正できます。B700の露出補正の補正幅は±2段で、1/3段刻み補正です。±5段は最上位機の補正幅で、±2段は最下位機種の補正幅です。

この露出補正の違いでは、FZ85のほうが上位機です。動画は、どちらの機種も4Kの30pで撮影できます。

バッテリーの持ちは、FZ85はCIPA基準でモニターで約330枚、B700は、CIPA基準で約420枚の撮影枚数です。FZ85はバッテリーと記録メディア込みで約616gで、B700はバッテリーと記録メディア込みで約570gです。

FZ85とB700の主な違いを書きましたが、それぞれの機種の機能の特徴はFZ85B700の個別の記事に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事