FZ300とFZ200の違いと比較

FZ300とFZ200

FZ300とFZ200の主な違いと比較を書いています。FZ200は2012年8月23日に発売されて後継機のFZ300は2年以上経ってからの発売なので、FZ300は多くの面で改良された機種になっています。中でも大きな違いに、空間認識AFがあります。FZ300とFZ200もコントラストAFで、位相差AFではありません。コントラストAFは精度に優れて、位相差AFは速度に優れたAFです。コントラストAFのその速度を改善するために、空間認識AFがあります。以下に続きます。


スポンサーリンク


コントラストAFの精度に加えて、速度の追従性を加えた空間認識AFがあります。FZ300に空間認識AFがあるので、FZ200のコントラストAFだけよりもAF速度が上がっています。FZ300はAF追従連写で約6コマ/秒ですが、FZ200は約5.5コマ/秒です。それに、FZ300には4K PHOTOがあります。4K PHOTOは30コマ/秒の連続した撮影を長時間維持できます。FZ200のEVFは0.2型で131.2万ドット相当でしたが、FZ300のEVFは約144万ドットで35mm判換算でのファインダー倍率は約0.7倍になっていて、アイセンサーにも対応しています。

FZ200の液晶モニターは3.0型で約46万ドットでしたが、FZ300のモニターは約104万ドットでタッチパネルに対応しているのでタッチシャッターも使えます。FZ300はファインダーを覗きながら指でモニターをなぞってフォーカス位置が決められるタッチパッドAFもあります。FZ300は、FZ200では使えなかった1/16000秒の電子シャッターも使えます。FZ300はMP4での3840×2160の4K動画撮影もできるので、動画機能もFZ200より優れています。

FZ300には、動画時の手ブレ補正に5軸ハイブリッド補正があります。FZ200は拡張感度でISO6400が使えましたが、FZ300では拡張感度にしなくてもISO6400が使えます。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。FZ200のAFの測距点は23点でしたがFZ300は49点になって、49種類のAFエリア選択ができます。FZ200ではAFエリアの選択はできませんでした。FZ300には、49点の測距点から選べるカスタムマルチAF、奥と手前の瞳をタッチして位置を変えて撮影できる瞳認識AFもあります。

その他にも、FZ300には、AF-ON機能の置きピン、ピント面を色付き表示できるピーキング機能、1点AFではAF枠の大きさを調整できて、ピント調整が細かくできるピンポイントAFもあります。レンズを絞ると画質が落ちることがある回折現象を抑える回折補正、ライブビュー画面で明暗の調整をして撮影ができるハイライトシャドウ、カメラ本体でのRWA現像機能、-4EVまで対応のローライトAF、星にピント合わせができる星空AFの機能もFZ300にはあります。

FZ300にはFZ200にはない後ダイヤルとサイドダイヤルでのレンズの絞りの調整などができて、防塵防滴のボディになっています。FZ300のSDカードは、UHS-I(U3)対応です。FZ300は約2年経ってからの後継機なのでFZ200よりも改良した機能が多く付いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事