FUJIFILM X-T2 レビュー 比較と評価

富士フィルムのX-T2

FUJIFILM X-T2は、2014年2月15日に発売されたX-T1の後継機です。X-T2の有効画素数は約2430万画素で、23.6mm×15.6mmのAPS-Cサイズ相当のX-Trans CMOS IIIです。光学ローパスフィルターがないので、モアレや偽色が少なくなっています。ローパスフィルターレスのなしとありの決定的な違いに、ローパスフィルターのことも書いています。X-Trans CMOS IIIで読み出し速度が上がって、画像処理エンジンはX-Processor Proで処理速度も高速化しています。以下に続きます。


スポンサーリンク


EVFは0.5型の有機ELの約236万ドットで、視野率は約100%です。アイポイントは接眼レンズの最後尾から約23mmで、視度調整の範囲は-4から+2です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。ファインダー倍率は、35mm判換算で0.77倍相当です。EVFにはアイセンサーがあります。EVFの表示には倍率が最大のフル、フルよりも情報表示ができるノーマル、フォーカスピーキング、デジタルスプリットイメージの表示もできる2画面表示があって、フルとノーマルではバーティカル表示で縦撮りに合った自動回転ができます。

EVFの表示は60フレーム/秒ですが、BOOSTモードでは100フレーム/秒です。X-T1は54フレーム/秒でした。液晶モニターは3.0型の3対2の約104万ドットで、3方向に動かせるチルト式です。ISO感度は、常用感度はISO200からISO12800で補正幅は1/3段ステップです。拡張感度では、ISO100からISO51200まであります。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。

シャッタースピードはメカシャッターで1/8000秒でバルブ撮影で60分、電子シャッターでは1/32000秒まで使えます。電子シャッターではメカシャッターの4倍ですが、動体撮影で被写体が歪むローリングシャッター現象があります。グローバルシャッターとローリングシャッターの違いとはに書いています。記録メディアはSDカード系のダブルスロットで、UHS-Ⅱに対応しています。連写性能は、AF追従で8コマ/秒、別売のパワーブースターグリップ装着でBOOSTモードにすると、11コマ/秒です。ライブビューで5コマ/秒、電子シャッターで14コマ/秒です。

ブラックアウト時間が短縮しています。AFは像面位相差AFとコントラストAFがあって、像面位相差AFのエリアが拡大していて、測距点は91点です。AF-Cの動体性能も上がっています。被写体の特性に合わせて、被写体保持特性、速度変化特性、ゾーンエリア特性の3つで設定できるようになっています。ボディ背面にはフォーカスレバーがあって、8方向に動かせます。AF-Cでの追従性設定ができるAF-Cカスタム設定があって、あらかじめの5つの規定値から選択できます。

瞳AFもあります。露出補正の補正幅は±5段で1/3EVステップで補正できて、動画撮影では±2段です。動画性能は4Kの3840×2160の29.97pで、ビットレートは100Mbpsで本体だけでは約10分まで撮影できます。4K動画は入力解像度が5120x2880で出力解像度が3840x2160で1.17倍のクロップで凝縮していて、シャギーやモアレが少なくなています。動画撮影でもフィルムシュミレーションが使えます。HDMIの同時出力ができて、液晶モニターとEVFに同時出力できます。

4K動画でのHDMIクリーン出力ができて、外部レコーダーに非圧縮画像を記録できます。4KはLogガンマのF-Logが選択できます。録画している時に、にマイクレベルの調整もできます。X-T2のボディ上の動画ボタンはなくなって、動画専用モードになっています。動画のファイル形式はMOV、動画の映像はMPEG-4 AVC/H.264、動画の音声はリニアPCMのステレオです。USB3.0とマイク用端子もあります。シャッターボタンの半押しAFと半押しAEの設定をオンとオフにできます。

X-T2はボディ内手ブレ補正は非搭載なので、手ブレ補正機能付きレンズを使います。非圧縮の14bit RAWで記録できます。AFは-3EVでも使えます。露出制御の測光方式は256分割測光です。フラッシュは内臓ではなく、ホットシューがあります。フラッシュの同調速度は1/250秒以下です。シャッターユニットの耐久性は約15万回で、ボディはマグネシウム合金で防塵と防滴に対応して、氷点下10度まで動作環境内で使えます。Wi-Fiが内臓しています。

バッテリーのNP-W126SでCIPA基準で約340枚の撮影枚数で、USB充電に対応しています。別売の防塵と防滴に対応の縦位置パワー・ブースター・グリップのVPB-XT2は、2個のバッテリーが装着できます。そのグリップに本体の1個とで3個使えて、約1000枚の撮影枚数になります。グリップの三脚穴は光軸上にあります。グリップにはNORMALとBOOSTのスイッチがあって、BOOSTモードでX-T2の連写性能やEVF表示性能、4Kの記録時間が10分から30分に伸びるなども、グリップを使ったほうがX-T2の性能をさらに発揮して使えます。

縦位置グリップはバッテリーチャージャーとしても使えるので、ACアダプターで2個のバッテリー充電ができます。付属のACチャージャーとUSB充電も合わせて、4個のバッテリーの同時充電もできるので、グリップがあったほうがバッテリー充電も高速化できます。縦位置グリップには3.5mmのヘッドフォン端子もあります。SDカードのカバーとバッテリーのカバーには、ロック機構が付いています。

パソコンに画像転送できるFUJIFILM PC AutoSaveにも対応しています。忘れがちなのはフィルムシュミレーションで、フジフィルムの色再現はフィルムメーカーとして世界を牽引してきただけあって、独自の色再現性があるので、このフジフィルム色が使えるのもX-T2の魅力です。モノクロのフィルムシュミレーションのACROSSが静止画に加えて、4K動画でも使えます。X-T2の本体のみの重さは、約457gです。FUJIFILM X-T2には、XF18-55mmF2.8-4 R LM OISが付属のレンズキットがあります。

X-T2とX-Pro2の違いX-T2とX-T10の違いX-T2とα6300の違いX-T2とX-T1の違いX-T2とEOS M3の違いに、違いを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事