FUJIFILM X-T10 レビュー 比較と評価

富士フィルムのX-T10

富士フィルムのFUJIFILM X-T10のレビューと比較を書いています。FUJIFILM X-T10の総画素数は1670万画素で、撮像素子は23.6mm×15.6mmのAPS-Cサイズ相当です。撮像素子はX-Trans CMOS IIセンサーでローパスレスなので、解像度重視になっています。画像処理エンジンは、EXR Processor IIです。EVFのファインダーは有機ELの0.39型で、約236万ドットです。ファインダーの倍率は、35mm判換算で0.62倍です。以下に続きます。


スポンサーリンク


APS-Cセンサーのレンズ交換式機の光学ファインダーは、35mm判換算で0.62倍もの倍率がない機種ばかりです。EVFは光学ファインダーのように物理的制約がないので、FUJIFILM X-T10のEVFはコンパクトな筐体でも倍率が確保できています。EVFの視野率は約100%で、アイポイントは約17.5mmです。視度調整の範囲は-4mから+2mで、アイセンサーもあります。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。

液晶モニターは3.0型で、縦横比は3対2の上に90度、下に45度動かせるチルト式で約92万ドットです。EVFには、明るさを自動制御するナチュラルライブビューもあります。ISO感度はISO200からISO6400まで使えて、補正幅は1/3ステップです。拡張感度にはISO100、ISO12800、ISO25600、ISO51200があります。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。シャッタースピードの上限は1/4000秒までですが、電子シャッターでは1/32000秒まで使えます。

電子シャッターはシャッタースピードが稼げますが、動く被写体を撮影する時に画像が歪む現象が出ることがあります。フラッシュの同調速度は、1/180秒以下です。記録メディアはSDカードです。連写の秒間コマ数は、AF追従で最高8.0コマ/秒で撮影できます。約8.0コマ/秒では、JPEGで約8コマの連続撮影枚数、約3.0コマ/秒の秒間コマ数ではJPEGではSDカードの容量一杯まで連続撮影できます。FUJIFILM X-T10は、コントラストAFと位相差AFが使えます。

FUJIFILM X-T10には、センサーに位相差AFが組み込まれた像面位相差AFがあります。コントラストAFは精度に優れて、位相差AFは速度に優れるAFです。AFの測距点は、コントラストAFで77点あります。像面位相差AFは、2.5EVまでだった明るさ追従AFが0.5EVの暗さまで追従するように性能が向上しています。位相差AFでも、暗い場面での高速AFが使える範囲が広がっています。自動でマクロモードになるオートマクロ、瞳にAFを合わせる瞳AFもあります。

露出補正の補正幅は±3段で、補正幅は1/3EVステップです。動画撮影時は、±2段です。動画性能はフルHDの1920×1080で、フレームレートは60pで撮影できます。動画のファイル形式はMOV、動画の映像はH.264、動画の音声はリニアPCMのステレオです。FUJIFILM X-T10の右肩には、シャッタースピードダイヤルと、露出補正ダイヤルがあります。オートモード切換レバーが右肩にあって、アドバンストSRオートでフルオート撮影もできます。

手ブレ補正は手ブレ補正機能付きのレンズで補正するので、ボディ内臓型ではありません。ダスト機能は内臓しています。カメラ内でのRAW現像機能もあります。内臓フラッシュは手動のポップアップ式で、ガイドナンバーはISO100で約5、ISO200で約7です。氷点下では動作環境外です。Wi-Fi機能があるので、リモート撮影もできます。バッテリーのNP-W126で約350枚の撮影枚数で、動画での連続撮影は約124分です。本体のみの重さは、約331gです。

ボディ色にはシルバーとブラックがあって、FUJIFILM X-T10のボディにXF18-55mmF2.8-4 R LM OISが付属したレンズキットがあります。X-T2とX-T10の違いEOS M10とX-T10の違いを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事