富士フィルム FinePix F1000EXR レビュー 比較と評価

FinePix F1000EXR

富士フィルムのFinePix F1000EXRは、2013年3月9日に発売されたFinePix F900EXRの後継機です。総画素数は約1836万画素で、撮像素子は1/2型のEXR CMOS IIです。EXR CMOS II センサーは、位相差画素を組み込んだ撮像面位相差AFです。FinePix F1000EXRは、コントラストAFと位相差AFの2つのAFを使えるインテリジェントハイブリッドAFです。以下に続きます。


スポンサーリンク


位相差AFは速度に優れて、コントラストAFは精度に優れます。FinePix F1000EXRのEXR プロセッサー IIエンジンで、処理速度も増しています。レンズの焦点距離は25mmから500mm相当で、実質の焦点距離は4.6mmから92mmです。レンズの明るさの開放F値は、広角端でF3.5、望遠端でF5.3です。

FinePix F1000EXRの超解像ズームを使えば、1000mm相当までズームできます。超解像ズームは、デジタルズームの画質の劣化を抑えたデジタル処理のズーム機能です。マクロ撮影は、レンズ先端から被写体に広角端で約5cmまで寄れます。ISO感度は、ISO100からISO12800まで使えます。手ブレ補正は光学式のCMOSシフト方式があります。

FinePix F1000EXRは価格が抑えられた機種ですが、絞り優先AE、シャッタースピード優先AE、マニュアル露出も使えます。プレミアムEXR AUTO機能もありますが、自分で露出を決めて撮影したほうが被写体に合った撮影ができます。特に、滝などの撮影で流れを制御したい時には、オートモード以外の機能を使うと、オート機とは違った写真が撮れます。

FinePix F1000EXRの露出補正の補正幅は±2段で、エントリーコンデジ並みの補正幅です。シャッタースピードの上限は1/2000秒です。起動時間は1.1秒で、撮影間隔は0.5秒です。内蔵メモリーは、約21MBあります。記録媒体はSDメモリーカードで、SDXCメモリーカードのUHS-Iに対応しています。FinePix F1000EXRの動画は、MOV形式です。RAW撮影はできません。

FinePix F1000EXRは、11コマ/秒で5枚までの連写ができます。スーパーiフラッシュを使えば、フラッシュの写真でも自然な色で撮れます。1度のシャッターで、フラッシュなしとありの2枚の写真も撮れます。連写の重ね撮り機能もあるので、高感度時のノイズを減らせます。多重露出撮影もできます。

FinePix F1000EXRは、AEブラケティング、フィルムシミュレーションプラケティング、ダイナミックレンジブラケティングもあります。フィルムシミュレーションプラケティングは、1度のシャッターで、PROVIA、Velvia、ASTIAの3枚の違った効果で撮影できます。富士フィルムはフィルムメーカーとして世界を牽引してきたので、色再現性に優れています。

フィルムシミュレーションプラケティングは、その富士フィルムの優れた色再現性を手軽に実感できるので、使って見るといいと思います。FinePix F1000EXRにはアクセサリーシューがないので、別売のフラッシュの取り付けもできません。液晶モニターは3.0型で、約92万ドットです。フルHD動画でフレームレートが60pの動画が、約14分まで撮れます。

動画の音声はステレオです。動画撮影中の光学ズームもできます。FinePix F1000EXRは動画撮影でのAF速度の高速化に、動画撮影時の手ブレ補正もさらに効くようになっています。Wi-Fiで、スマホからのリモート撮影もできます。画像に位置情報を追加する機能もあります。バッテリーのNP-50で、CIPA基準で約290枚の撮影ができます。

FinePix F1000EXRには、顔キレイナビで顔を綺麗に撮るための機能もあります。本体のみでは、約212グラムになっています。色は、ブラック、レッド、ゴールド、ホワイトの4色があります。FinePix F1000EXRは、価格が抑えられている割にはマニュアル撮影までできて、魅力的な機能がある機種になっています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事