EOS M6とE-M1 Mark IIの違いと比較

EOS M6とE-M1 Mark II

EOS M6とE-M1 Mark IIの主な違いを書いています。有効画素数は、EOS M6は約2420万画素で、E-M1 Mark IIは2037万画素です。センサーは、EOS M6はAPS-C相当で、E-M1 Mark IIはマイクロフォーサーズです。以下に続きます。


スポンサーリンク


このセンサーの違いで、画素ピッチに違いが出てきます。画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味に、画素ピッチのことを書いています。

センサーの違いでISO感度の高感度域でのノイズに違いが出ていますが、それ以外にも両機種には違いがあります。その中でも大きな違いは、ファインダーです。

EOS M6にはファインダーがないのでモニターのみでの撮影になりますが、E-M1 Mark IIにはファインダーがあります。特に、屋外の晴天時での撮影ではE-M1 Mark IIのファインダー撮影のほうが被写体を確認して撮影しやすいです。

E-M1 Mark IIのEVFは約236万ドットで、ファインダーを覗きながら、モニターを使ったAFターゲットパッドも使えます。モニターはEOS M6は上下のチルト式ですが、E-M1 Mark IIは2軸のフリーアングルなので撮影しやすいです。

ISO感度は、EOS M6はISO100からISO25600まで使えますが、E-M1 Mark IIは拡張感度でISO64相当とISO25600が使えます。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度になっています。

シャッタースピードの上限は、EOS M6は1/4000秒で、E-M1 Mark IIは1/8000秒です。このシャッタースピードの違いに、E-M1 Mark IIのほうが上級機の特徴が出ています。

電子シャッターでは、E-M1 Mark IIは1/32000秒まで使えます。電子シャッターとメカニカルシャッターの違いに書いています。E-M1 Mark IIはSDカード系のダブルスロットです。

連写性能は、EOS M6はAF追従で約7コマ/秒ですが、E-M1 Mark IIはAF追従で約18コマ/秒です。AFの測距点数はEOS M6は49点で、E-M1 Mark IIが121点です。

露出補正の補正幅はEOS M6は±3段で、E-M1 Mark IIは±5段です。補正幅はEOS M6は1/3段ステップで補正できて、E-M1 Mark IIは1/3、1/2、1段で補正できます。

動画は、EOS M6はフルHDで、E-M1 Mark IIは4Kで撮影できます。E-M1 Mark IIには、画像を合成して解像度を高くできる50Mハイレゾショットがあります。

EOS M6はレンズ式の手ブレ式補正ですが、E-M1 Mark IIはボディ内臓で単体で5.5段です。EOS M6には内臓ストロボがあります。E-M1 Mark IIは防塵と防滴ボディで、-10度の耐低温性があります。

バッテリーの撮影枚数は、CIPA基準で、EOS M6は約295枚で、E-M1 Mark IIは約440枚です。CIPA基準では、ストロボがある時には2回に1回は発光してから計測するようになっています。

EOS M6の本体のみの重さは約343gで、E-M1 Mark IIの本体のみの重さは約498gです。価格の差もあって、EOS M6よりE-M1 Mark IIのほうが上級機としての機能があって、連写性能も優れていて動体撮影にも向いていて、ボディの頑丈さから信頼性もあります。

EOS M6E-M1 Mark IIの主な違いを書いてきましたが、それぞれの機種のことは、EOS M6とE-M1 Mark IIの記事に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事