EOS 7D Mark IIとD7200の違いと比較

7D Mark IIとD7200

EOS 7D Mark IID7200の主な違いと比較を書いています。7D Mark IIの有効画素数は約2020万画素で、D7200の有効画素数は2416万画素です。撮像素子はどちらもAPS-Cサイズ相当で、画像処理エンジンは7D Mark IIがデュアルDIGIC 6、D7200はEXPEED 4です。D7200はローパスフィルターレスですが、7D Mark IIにはローパスフィルターがあります。秒間コマ数は、7D Mark IIは、AF追従で最高記録画素数時でも最高で約10コマ/秒の連写性能ですが、D7200は24×16のDXモードで最高で約6コマ/秒です。連続撮影枚数は、7D Mark IIは記録画素数が5472×3648のJPEGのラージでも約1090枚までの連続撮影枚数ですが、D7200の連続撮影枚数は100コマです。以下に続きます。


スポンサーリンク


この秒間コマ数と、連続撮影枚数に大きな違いあります。AF性能は、7D Mark IIの測距点は65点で、その65点の全てで開放F値がF5.6のレンズのクロスセンサーにまで対応して、中央の測距点はF2.8とF5.6のデュアルクロスセンサーに対応しています。D7200の測距点数は51点で、中央の15点はクロスセンサーです。7D Mark IIとD7200の秒間コマ数と連続撮影枚数、AF性能の差は、特に、動体撮影で違いが出ます。野鳥撮影や、モータースポーツの撮影で特に差が出て、7D Mark IIはその動体撮影でD7200よりAFの捕捉力に優れて、秒間コマ数と連続撮影枚数の違いで、瞬間の被写体を切り取ることができます。

動体撮影を重視するのなら、D7200より7D Mark IIのほうが優れた写真が撮れます。7D Mark IIのファインダー倍率は、APS-C相当で約1.00倍で、D7200は約0.94倍です。アイポイントは7D Mark IIが約22mmで、D7200が19.5mm、視度調整の範囲は7D Mark IIが-3.0から+1.0、D7200が-2から+1です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。D7200はライブビュー撮影時の連続撮影速度は、最高3.7コマ/秒ですが、7D Mark IIはライブビュー撮影時でも10コマ/秒の連写が出きる違いもあります。7D Mark IIは像面位相差AFで、液晶モニターでの撮影でも位相差AFが使えるので、AF速度が増しています。

7D Mark IIのモニターは3.0型の約104万ドットで、D7200は3.2型の約122.9万ドットです。7D Mark IIのISO感度はISO100からISO16000で、D7200はISO100からISO25600で、どちらの機種もそれ以上は拡張感度の設定が必要になります。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。7D Mark IIの拡張感度はISO51200相当までですが、D7200はISO102400相当まで増感できます。7D Mark IIの露出制御の測光方式は15万画素RGB+IR測光センサーで、D7200は2016分割RGBセンサーです。7D Mark IIにはM-RAWの約1120万画素、S-RAWの約500万画素があります。

7D Mark IIはスポット測光にAF枠が連動しませんが、D7200は連動するのでスポット測光が便利に使えます。AFの検出輝度範囲は、7D Mark IIがEV-3から18で、D7200がEV-3から19です。7D Mark IIの内臓フラッシュのガイドナンバーはISO100で約11で、D7200は約12です。シャッターユニットの耐久性は7D Mark IIが約20万回で、D7200が約15万回です。7D Mark IIにはGPS、GLONASS、準天頂衛星みちびきの通信衛星機能はありますが、Wi-Fiと近距離無線通信のNFC機能はありません。D7200にはWi-FiとNFC機能はありますが、GPS機能はありません。バッテリーの撮影枚数は、7D Mark IIがCIPA基準で約670枚、D7200がCIPA基準で約1100枚です。

バッテリーの持ちは、D7200のほうがかなり優れています。7D Mark IIにはフリッカーレス機能で、室内競技で不自然なチラツキを抑えてより自然な光源で撮影できます。7D Mark IIの本体のみの重さは約820gで、D7200の本体のみの重さは約675gです。D7200のほうが気軽に持ち歩いて撮影できるので、結果的に7D Mark IIより撮影枚数が増えることもあります。D7200は画角を1.3倍にして撮影できます。EOS 7D Mark IIはD7200より動体撮影に優れた機種ですが、そこまで動体撮影をせずに風景などの静物撮影をする機会が多いのなら、D7200でも十分に使えます。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事