EOS 5DsとEOS 5Ds Rの違いと比較

EOS 5DsとEOS 5Ds R

EOS 5Dsと、EOS 5Ds Rの主な違いと比較を書いています。この二機種は、ローパスフィルターをキャンセルして無効化できるか、そうでないか以外には機能は同じです。

EOS 5DsとEOS 5Ds Rには、どちらともローパスフィルターがあります。EOS 5Dsにだけローパスフィルターがあるわけではありません。EOS 5Ds Rは、ローパスフィルターがあっても、その効果をキャンセルで無効化して、解像力を高めた機種になっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


EOS 5Ds Rをローパスフィルターレスにしなかったのは、ローパスフィルターレスにして完全になくしてしまうと、色モアレや偽色の問題が出てくるからです。ただし、解像力の面を見ると、ローパスフィルターレスにしたほうがいいです。

ローパスフィルターレスにして解像力重視にするか、ローパスフィルターで色モアレと偽色を抑えながら、しかも、解像力を高めるかという選択肢の中で、ローパスフィルターありでも解像力を高める選択にしたのが、EOS 5DsRです。

そんなローパスフィルターがあるEOS 5Ds Rでも、撮影条件によっては偽色や色モアレが出ることもあります。EOS 5Ds Rをローパスフィルターレスにしていたとしたら、もっと偽色や色モアレが出ます。

EOS 5Dsか、EOS 5Ds Rのどちらかにするか決めるのは、結局は、この偽色や色モアレと解像力の関係性を撮影者がどう考えるかによります。

偽色や色モアレをとにかく抑えたいというならEOS 5Dsになりますし、偽色や色モアレが場合によっては出ることがあっても、それよりも解像力がほしいというなら、EOS 5DsRになります。EOS 5DsとEOS 5Ds Rの違いは、前面の文字にもあります。

EOS 5Dsの文字はボディ前面の左上部にありますが、EOS 5Dsと金の文字で書かれたロゴになっています。EOS 5Ds Rの文字もボディ前面の左上部にありますが、銀の文字にRだけが赤になったロゴです。

このロゴに違いで、正面から見るとEOS 5DsかEOS 5Ds Rかが、一目で分かるようになっています。解像力重視のEOS 5Ds Rか、偽色や色モアレをより抑えたいからEOS 5Dsか以外に、EOS 5Ds Rのほうが価格が高いこともあります。

EOS 5Dsのほうが価格が安くても色モアレと偽色を抑えられると見れば、EOS 5Ds Rよりもコストパフォーマンスがいいとも取れます。撮影する仕方を考えてから、どちらにするか決めることになります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事