EOS 5D Mark IIIとD610の違いと比較

EOS 5D Mark IIIとD610

キヤノンのEOS 5D Mark IIIと、ニコンのD610の主な違いと比較を書いています。D610は有効画素数は2426万画素で、EOS 5D Mark IIIの有効画素数は約2230万画素です。D610のファインダーの倍率は約0.7倍で、EOS 5D Mark IIIの倍率は約0.71倍です。D610は3.2型の液晶モニターの固定式で約92万ドット、EOS 5D Mark IIIは3.2型の液晶モニターの固定式の約104万ドットです。D610のISO感度の常用感度はISO100からISO6400で、ISO50相当の減感と、ISO25600相当の増感があります。以下に続きます。


スポンサーリンク


EOS 5D Mark IIIのISO感度は、ISO100からISO25600まで使えて、減感でISO50相当、増感でISO102400相当まで使えます。高感度耐性は、D610よりEOS 5D Mark IIIのほうがかなり優れています。高感度撮影をする機会が多いのなら、EOS 5D Mark IIIを購入したほうがいいです。D610のシャッタースピードの上限は1/4000秒で、EOS 5D Mark IIIのシャッタースピードの上限は1/8000秒です。フラッシュの同調速度は、D610が1/200秒で、EOS 5D Mark IIIは1/200秒です。

EOS 5D Mark IIIはCFカードとSDカードのダブルスロットで、D610はSDカードのダブルスロットです。SDカードとCFカードでは、CFカードは端子が守られているので、CFカードのほうが信頼性があります。EOS 5D Mark IIIは、RAW撮影ではM-RAWとS-RAWが使えます。連写は、D610もEOS 5D Mark IIIも最高で約6コマ/秒ですが、連続撮影枚数はD610は100コマまで、5DはUDMAモード7対応のCFではJPEGで約16270枚まで撮影できます。

EOS 5D Mark IIIは高速のCFカードが使えることもあって、D610よりも連続撮影枚数が大幅に多いです。連続撮影をする機会が多いのなら、EOS 5D Mark IIIのほうがいいです。AFの測距点数は、D610の測距点は39点で、EOS 5D Mark IIIは61点です。EOS 5D Mark IIIは35mmフルサイズのミドルクラス機で、D610はフルサイズのエントリー機なので、シャッタースピードの上限、記録メディアの信頼性や、連続撮影枚数、AFの測距点数でも性能が上回っています。

動く被写体を撮影する機会が多い場合にも、D610より被写体を捉えられる測距点数が多いEOS 5D Mark IIIを購入したほうがいいと思います。D610は露出制御の測光方式は2016分割RGBセンサーで、EOS 5D Mark IIIは63分割です。露出の測光精度は、D610のほうが優れています。D610は35mmフルサイズのFXフォーマットの他にAPS-Cサイズ相当のDXフォーマットもあるので、DXレンズを使うと焦点距離が約1.5倍で撮影できますが、EOS 5D Mark IIIは35mmレンズしか使えません。

D610はスポット測光枠とAF枠が連動して露出も連動しますが、EOS 5D Mark IIIはスポット測光枠の移動と露出は連動しません。動画は、D610は1920×1080の30pで、EOS 5D Mark IIIも同じです。D610にはガイドナンバーが約12の内臓フラッシュがありますが、EOS 5D Mark IIIはフラッシュは内臓していません。D610もEOS 5D Mark IIIも、シャッターユニットの耐久性は約15万回で同じです。D610のバッテリーはCIPA基準で約900枚、EOS 5D Mark IIIはCIPA基準で約950枚です。

D610は本体のみで約760g、EOS 5D Mark IIIは本体のみで約860gです。D610のレビューと比較と、EOS 5D Mark IIIのレビューと比較を書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事