E-M1 Mark IIとE-M1の違いと比較

E-M1 Mark IIとE-M1

E-M1 Mark IIとE-M1の主な違いを書いています。E-M1 Mark IIの総画素数は約2177万画素で、E-M1の総画素数は約1685万画素です。画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味に書いていますが、E-M1 Mark IIはE-M1より画素数が増えていてセンサーサイズが同じなので、画素ピッチが狭くなっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


E-M1の画像処理エンジンはTruePic VIIで、E-M1 Mark IIになってTruePic VIIIになりました。EVFは、E-M1 Mark IIのフレームレートは120fpsで表示できますが、E-M1は最高でも60fpsでした。EVFの最短表示タイムラグはE-M1 Mark IIは5秒で、E-M1は16秒です。

E-M1 Mark IIは2軸のバリアングル式で、E-M1は上下のチルト式だったので、E-M1 Mark IIのほうがモニターを自由に動かせます。ISO感度はISO25600までなのはどちらも同じですが、E-M1 Mark IIは拡張感度でISO64相当が使えます。

E-M1 Mark IIはE-M1より画素数が増えたのに、高感度撮影がよくなっています。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。シャッタースピードは、E-M1 Mark IIは電子シャッターで1/32000秒、E-M1は1/16000秒です。電子シャッターとメカニカルシャッターの違いに書いています。

E-M1 Mark IIになって、SDカード系のダブルスロットになって、UHS-IIに対応しています。AF追従連写は、E-M1は9コマ/秒ですが、E-M1 Mark IIは18コマ/秒です。AFの測距点数は、E-M1 Mark IIは121点で、E-M1は81点です。

E-M1 Mark IIはグループターゲットは9点と5点がありますが、E-M1は9点だけでした。E-M1 Mark IIはフォーサーズレンズでも121点がありますが、E-M1はフォーサーズで37点です。E-M1 Mark IIにはファインダーを覗きながらモニターをタッチしてAFでピントを合わせられるAFターゲットパッドがあります。

E-M1 Mark IIでは、4K動画が撮影できるようになっています。E-M1 Mark IIには、E-M1にはない50Mハイレゾショットがあるので、特に、広大な風景撮影に向いています。E-M1 Mark IIはE-M1よりも機構ブレが抑えられているので、手ブレが抑えられています。

手ブレと被写体ブレと機構ブレとはに書いています。E-M1は像面位相差AFの精度がそんなによくなかったですが、E-M1 Mark IIになって向上しています。E-M1 Mark IIにはプロキャプチャー機能もあります。

あとは、E-M1 Mark IIは連写時のブラックアウトの時間も短くなっています。バッテリーの撮影枚数は、CIPA基準で、E-M1 Mark IIは約440枚で、E-M1は約350枚です。E-M1 Mark IIの本体のみの重さは約498gで、E-M1は約443gです。

E-M1 Mark IIとE-M1の主な違いを書いていましたが、E-M1 Mark IIとE-M1のそれぞれの機種のことはE-M1 Mark IIE-M1の記事に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事