DSC200WPとCOOLPIX W150の違いと比較

DSC200WPとCOOLPIX W150

DSC200WPは、タスネスボディなので、工事現場などはもちろん、安価なので海外の砂漠などを撮影する時の予備などにも使えます。水深12mまでの水中撮影、IP5Xの防塵性能、高さが1mの落下テストに耐える耐衝性があります。

センサーはが1/2.3型のCCDなのが、タフネスボディなのに安い機種であることがあらわれています。DSC200WPと同時期のコンデジはCCDではなくCMOSで、高感度撮影に強みがある裏面照射型CMOSであることも珍しくありません。以下に続きます。


スポンサーリンク


DSC200WPは、今ではコンデジでも珍しくなったCCDですが、ISO感度は、ISO100からISO6400まで使えます。このISO感度が、COOLPIX W150と比べた時のDSC200WPの強みです。DSC200WPのように安い機種は、タフネスボディでなくても、ISO6400までの高感度撮影ができないことがあります。DSC200WPはタフネスボディがある上に安いのに、ISO6400まで使えます。

COOLPIX W150とDSC200WPは同時期のタフネスボディなので、どっちにしようか迷っていることもあると思います。COOLPIX W150は、ISO感度はISO125からISO1600までしかありません。高感度撮影では、DSC200WPのほうが、COOLPIX W150よりも明らかに優れています。

COOLPIX W150では撮影をあきらめる暗い場面でも、DSC200WPでは撮影しようと思う動機に、DSC200WPのISO6400があります。DSC200WPはCCDですが、1/2.3型です。COOLPIX W150はセンサーの大きさが1/3.1型で、DSC200WPよりさらに小さいです。

それに、COOLPIX W150はCMOSですが、裏面照射型でもなく、撮像素子がDSC200WPよりさらに小さいのです。高感度に利点もないCMOS搭載機がCOOLPIX W150です。タフネスボディで安く、できるだけ画質がいい機種であれば、COOLPIX W150よりDSC200WPです。

COOLPIX W150は、DSC200WPより子供向けに適したカメラになっています。COOLPIX W150は子供向けだが画質は?に、COOLPIX W150のことを書いています。

DSC200WPの記録メディアはmicro SDHC、micro SDXCのmicro系ですが、COOLPIX W150は標準のSDカード系の違いもあります。DSC200WPのボディの重さは、約170gです。DSC200WPとCOOLPIX W150の主な違いを書きましたが、子供向けならCOOLPIX W150で、純粋にタフネスボディで安く画質が優れるほうがいいのならDSC200WPです。

DSC200WPの有効画素数は2016万画素で、焦点距離は26mmから104mm相当で、実質の焦点距離は4.6mmから18.4mmです。レンズが最も明るい開放F値は、広角端でF3.2、望遠端でF5.8です。マクロ撮影は、広角端で、レンズの先端から被写体まで約5cmまで寄れます。モニターは 2.7型で、内蔵メモリーは25MBです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。スマホとコンデジの画質と決定的な違いに、スマホとコンデジのことを書いています。

単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事