DMC-TZ70とDMC-TZ60の違いと比較

DMC-TZ70とDMC-TZ60

DMC-FZ70DMC-TZ60の主な違いと比較を書いています。DMC-TZ70は総画素数が1280万画素ですが、DMC-TZ60の総画素数は1890万画素でした。どちらの機種も、センサーのサイズは1/2.3型です。以下に続きます。


スポンサーリンク


センサーの大きさが同じなのに、後継機のDMC-TZ70になって総画素数が610万画素も少なくなっています。610万画素と言えば、以前のコンデジでは一台分の画素数です。

それだけの画素数が少なくなっているので、DMC-TZ70はDMC-TZ60より1画素当たりの受光面積が大きくなっています。DMC-TZ70はDMC-TZ60よりも、約1段分のノイズが少なくなっています。

レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段数のことを書いています。DMC-TZ70のEVFはは0.2型の約116万ドット相当ですが、DMC-TZ60は0.2型で、約20万ドット相当でした。

DMC-TZ70のEVFはアイセンサーがあります。DMC-TZ70のEVFは0.2型とサイズは同じですが、DMC-TZ60より精細になっています。DMC-TZ70の液晶モニターは3.0型の約104万ドットですが、DMC-TZ60は3.0型の92万ドットです。

DMC-TZ70のモニターのほうが少し精細になっています。DMC-TZ70もDMC-TZ60もISO6400まで使えますが、DMC-TZ60のISO6400は拡張感度の設定時に使えます。

拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。DMC-TZ70は星空モードで60秒までのシャッタースピードが使えますが、DMC-TZ60は30秒まででした。

DMC-TZ70は、AF追従連写で約6コマ/秒です。DMC-TZ60のAF追従連写は約5コマ/秒なので、DMC-TZ70のAF追従連写のほうが1コマ多くなっています。

DMC-TZ70では、DMC-TZ60ではできなかったインターバル撮影ができるようになっています。DMC-TZ70とDMC-TZ60はどちらもWi-Fiが使えますが、設定が違っています。

DMC-TZ70はWi-Fiのパスワード設定をオフにできるようになったので、DMC-TZ60ではできなかったパスワード入力の手間が省けます。DMC-TZ70では、ファンクションボタンにLVF/モニター切替があります。

DMC-TZ60は本体のみで約214gでしたが、DMC-TZ70は本体のみで約217gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事