デジカメ時代の露出 ISO感度で3大パラメーター 写真表現の広がり

露出の3大パラメーター

前の02の記事の「レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割」からの続きです。

デジカメでは、実売1万円以下のコンデジでも、1枚1枚の写真でISO感度の変更が手軽にできます。フィルム時代は、そうではありませんでした。デジカメと銀塩のフィルムカメラが大きく違うのは、この露出にもあらわれています。以下に続きます。


スポンサーリンク


フィルムカメラではフィルムが固定になるので、ISO感度も固定でした。各フィルムによって、ISO感度が決まっているからです。デジカメ時代になって、新たな露出のISO感度の設定が加わったのです。

フィルム時代での露出は、レンズの絞りとシャッター速度の2つの組み合わせで決まると繰り返し言われてきたことは、デジカメ時代には通用しなくなりました。撮影時の露出決定の全てであった2大パラメーターにISO感度が加わって、3大パラメーターになったのがデジカメ時代の露出です。

デジカメではフィルム時代にフィルムを充填しないとISO感度が変更できなかったのが手軽にできるようになったのは、それだけ、写真表現の幅が広がったことでもあります。

ただし、毎回の撮影でデジカメでもISO感度の固定で撮るのならば、フィルム時代と同じく、シャッタースピードと絞りの2つの組み合わせだけで露出が決まることになります。次の04の記事の「露出の土台のISO感度がデジカメでは変更可能に」に続きます。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事