Nikon D90の伝統と革新

ニコン D90

D90は、ライブビュー撮影ができてダストリダクションシステムもあります。連写性能は約4.5コマ/秒、約100コマです。内臓フラッシュも付いています。そのような機能の中でも、D90で最も革新的な機能は、デジタル一眼レフカメラで世界初の動画撮影機能のDムービーです。

ふぉとカフェ|ニコンD90実写レポート:プロカメラマンが撮った「Dムービー」サンプル動画〈飛行機〉

この飛行機のサンプル動画は夜間撮影であるにも関わらずに、ノイズがなく綺麗に撮れています。今の家庭用ビデオカメラの撮像素子は、1/6型のように非常に小さいです。業務用ビデオカメラでさえも2/3型になっています。D90の撮像素子の大きさは、23.6×15.8mmもあります。その大きさで動画撮影ができるのですから、非常に綺麗に撮れます。 以下に続きます。


スポンサーリンク


ニコンのイメージとなると実直で堅実で、「新しいことはしないのではないか」などという印象が持たれる場合もあります。人によっては、ニコンは旧態依然とした企業であると思っている人もいるのかもしれません。

ニコン90周年ムービー - イベント&キャンペーン | ニコンイメージング

ですが、このニコン90周年ムービーを見ても分かりますが、ニコンは今まで世界初の数々の技術を搭載してきた企業です。そして、今回のD90でのデジタル一眼レフカメラとして世界初の動画機能も、その数々の世界初の技術のうちの一つです。

ニコンのカメラは、Fマウントに代表される企業の伝統を守りながらも、世界初の技術も搭載していくという「伝統と革新」が織り成されたものです。Fマウントではレンズユーザーを大事にしながらも、カメラの革新は続けていくというニコンの挑戦的なDムービーの素晴らしさは、夜間の飛行機撮影にもあらわれています。

ふぉとカフェ|ニコンD90実写レポート:プロカメラマンが撮った「Dムービー」サンプル動画〈礼文島〉

静止画のような動画。最近、「スローフォト」を心掛けている私にとって、Dムービーによるこの表現は新しい発見。写真展でも静止画と動画の両方を見せられるとおもしろいのではと思う。

岡嶋和幸氏がこう言うように、「静止画のような動画」で動画に新たな意味づけをしたD90は、静止画の素晴らしさは言うまでもなく、「伝統と革新」が織り成された一つのカメラの答えがあります。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事