D850とα9の違いと比較

D850とα9

D850とα9の主な違いを書いています。

D850は裏面照射型CMOSで、α9はメモリー内蔵のフルサイズ積層型CMOSです。積層型CMOSは、読み出しスピードが高速化しています。D850はローパスフィルターレスですが、α9にはローパスフィルターがあります。

ローパスフィルターレスのなしとありの決定的な違いに書いています。

α9の有効画素数は約2420万画素で、D850の有効画素数は4575万画素です。これだけの画素数の差があれば、D850はその画素数を生かした広大な風景撮影に向いていて、α9はポートレート撮影に向いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


α9の画像処理エンジンはBIONZ Xで、D850の画像処理エンジンはEXPEED 5です。D850とα9の大きな違いは、α9はメカシャッターよりも電子シャッターに軸足を置いた機種で、グローバルシャッターに向けた機種であることです。

これに対して、D850はメカシャッターが主軸の機種です。これは、D850が一眼レフで、α9がミラーレス一眼であることの違いがあります。電子シャッターとメカニカルシャッターの違いに、違いを書いています。

α9のファインダーの倍率は約0.78倍で、D850のファインダーの倍率は約0.75倍です。α9はミラーレス一眼なのでEVFで0.5型の368万6400ドットで、D850は光学ファインダーです。

α9の視度調整の範囲は-4.0から+3.0で、D850の視度調節の範囲は-3から+1です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。

α9のモニターは3.0型の144万ドットで上に約107度、下に約41度に動かせるチルト式で、D850のモニターはチルト式の3.2型の約236万ドットで、上下に180度に動かせます。

モニターはD850はコントラストAFのみで、α9はライブビューでも像面位相差AFです。コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに、違いを書いています。

ISO感度は、α9はISO100からISO51200まで使えて拡張感度でISO50とISO204800が使えます。D850はISO64からISO25600まで設定できて、ISO32相当と、ISO102400相当の拡張感度が使えます。

拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。

D850のシャッタースピードの上限は1/8000秒で、α9はメカシャッターと電子シャッターで1/32000秒まで使えます。α9はアンチディストーションシャッターです。

アンチディストーションシャッターとは何かに、書いています。

α9の記録メディアはSDカード系とmicroSDカード系、メモリースティック系が使えるダブルスロットで、D850はXQDカードとSDカード系のダブルスロットです。

連写性能は、D850はAF追従連写で約7コマ/秒で、α9は電子シャッターのAF追従で20コマ/秒です。α9のAFの測距点数は像面位相差AFの693点で、D850は153点です。

D850はモニターではコントラストAFで、ファインダーでは位相差AFです。動画のファイル形式は、α9はXAVC S、AVCHD、MP4で、D850はMOVとMP4です。

D850とα9の大きな違いに、手ブレ補正があります。D850はレンズ式の手ブレ補正ですが、α9はイメージセンサーシフトの5軸補正で補正効果は5.0段で、α9はボディ内手ブレ補正です。

露出制御の測光方式は、D850は180KピクセルのRGBセンサーで、α9は1200分割ライブビュー分析測光です。α9は有線LAN端子での通信でFTP転送もできてFTPSで暗号化もできます。

シャッターユニットの耐久性は、α9は約50万回で、D850は20万回です。バッテリーの撮影枚数は、α9はCIPA基準でファインダーで約480枚で液晶モニターで約650枚で、D850はCIPA基準でファインダーで約1840枚です。

α9はモニターでの撮影枚数が伸びていますが、D850ではモニターで撮影すると撮影枚数はかなり少なくなります。α9はUSBで給電しながらの撮影もできるので、D850にはできないことです。

D850には35mm判のフィルムをJPEG化できるネガフィルムデジタイズの機能もあります。D850にはフリッカー低減の機能がありますが、α9にはないです。D850の本体のみの重さは約915gで、α9の本体のみの重さは約588gです。

D850とα9の主な違いと比較を書いてきましたが、それぞれの機種のことはD850α9のそれぞれの個別の記事に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事