D850と5D Mark IVの違いと比較

D850と5D Mark IV

D850と5D Mark IVの主な違いを書いています。

どちらの機種も35mm判相当の撮像素子ですが、D850は高感度時のノイズ減少に効果がある裏面照射型CMOSです。ニコンは撮像素子が自社製ではなく、キヤノンは自社製なので違いが出ています。

D850の有効画素数は4575万画素で、5D Mark IVの有効画素は約3040万画素です。5D Mark IVにはローパスフィルターがあって、D850はローパスフィルターレスです。ローパスフィルターレスのなしとありの決定的な違いに、違いを書いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


5D Mark IVのファインダー倍率は約0.71倍で、D850は約0.75倍です。モニターは5D Mark IVは固定式で、D850はチルト式で上下に180度に動かせます。

ドット数は、5D Mark IVは約162万ドットで、D850は約236万ドットです。モニターのAFは5D Mark IVのほうがAF速度が優れていて、5D Mark IVは像面位相差AFのデュアルピクセル CMOS AFで、D850はモニターではコントラストAFしか使えません。

コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに、違いを書いています。ライブビュー撮影でのAF速度を重視するのなら、5D Mark IVのほうがいいです。ISO感度は、D850はISO64からISO25600まで設定できて、5D Mark IVはISO100からISO32000までです。

拡張感度では、D850がISO32相当とISO102400相当で、5D Mark IVはISO50相当、ISO51200相当、ISO102400です。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。記録メディアはD850はXQDカードとUHS-II規格のSDカード系のダブルスロットで、5D Mark IVはUDMAモード7対応のCFとUHS-Iカード対応のSDカード系のダブルスロットです。

AFの測距点数は、5D Mark IVは61点でクロス測距点は41点で、D850は153点で、クロス測距点は99点あります。D850はスポット測光と測距点が連動しますが、5D Mark IVは連動しません。

D850には、メカシャッターを使わないサイレントインターバルタイマーの撮影もできます。フォーカスシフトの機能もあるので、ピント面をずらして撮影できるフォーカスシフト機能も、D850にはあります。

5D Mark IVのDPRAW(デュアルピクセルRAW)記録すると、DPPで、ボケシフト、ゴースト低減、解像感の補正の3つが後処理できます。D850の露出制御の測光方式は180Kピクセルで、5D Mark IVは約15万画素です。

フラッシュの同調速度は、D850は1/250秒で、5D Mark IVは1/200秒です。バッテリーの撮影枚数は、CIPA基準で、D850が約1840枚です。5D Mark IVは約900枚です。

D850には、5D Mark IVにはないボタンイルミネーションの機能があります。他にも、D850には35mm判のフィルムをJPEG化できるネガフィルムデジタイズの機能もあります。D850の本体のみの重さは約915gで、EOS 5D Mark IVの本体のみの重さは約800gです。

D850と5D Mark IVの主な違いと比較を書いてきましたが、それぞれの機種のことはD8505D Mark IVの記事に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事