D810とEOS-1D Xの違いと比較

D810とEOS-1D X

ニコンのD810と、キヤノンのEOS-1D Xの主な違いと比較を書いています。D810は有効画素数は3635万画素で、EOS-1D Xの有効画素数は約1810万画素です。どちらも35mmフルサイズなので、画素数を抑えているEOS-1D Xは、それだけD810よりも1画素の受光面積が大きいです。EOS-1D Xの画素ピッチは、6.95μm(マイクロメートル)です。6.95μmもあれば十分な画素ピッチがあるので、EOS-1D Xは高感度耐性に優れています。以下に続きます。


スポンサーリンク


EOS-1D Xの静止画の常用ISO感度はISO100から ISO51200で、拡張感度で、ISO50、ISO102400相当、ISO204800相当まで使えます。D810の静止画のISO感度は、常用感度でISO64からISO12800で、減感と増感でISO32からISO51200相当までです。EOS-1D Xは高感度耐性がD810よりもかなり優れているので、高感度側を使う撮影が多いのなら、D810よりもEOS-1D Xを購入したほうがいいです。画像処理エンジンは、D810がEXPEED 4で、EOS-1D XはデュアルDIGIC 5+です。

D810のファインダーの視野率は約100%で倍率は約0.7倍、EOS-1D Xのファインダーの視野率も約100%で倍率は約0.76倍です。EOS-1D Xは、D810よりも迫力があるファインダーで被写体を捕らえることができます。D810は3.2型の液晶モニターで約122.9万ドットのRGBWで、EOS-1D Xは3.2型の約104万ドットです。D810のRGBWはホワイト画素を追加しているので、EOS-1D Xの液晶モニターよりも屋外で見やすいです。液晶モニターは、D810のほうが優れています。

D810には、QCの静音連続撮影があります。EOS-1D XはAFとAE追従で約12コマ/秒の連写ができます。 UDMAモード7対応カードでJPEGラージで約180枚の連続撮影ができます。D810の連写は35mmのFXフォーマットのAF追従で最高約5コマ/秒で最大撮影枚数は100枚、4秒以上のシャッタスピードでは枚数無制限です。連写性能は、EOS-1D Xのほうがかなり優れています。EOS-1D Xの連写性能は、フラグシップ機そのもののです。

AF性能は、D810は51点の測距点で、EOS-1D Xは61点です。静止画として撮影する機能は、連写もISO感度もAFの測距点数も、EOS-1D Xのほうが優れています。動画は、D810は1920×1080のフルHDの60pで、EOS-1D Xは1920×1080の30pです。D810には内蔵ステレオマイクがありますが、EOS-1D Xは内臓モノラルマイクです。D810の露出制御の測光方式は91Kピクセル(約91000ピクセル)RGBセンサーで、EOS-1D Xは10万画素RGB測光センサーです。

EOS-1D XはAEセンサーのためだけにDIGIC 4が使われていて、D810の測光センサーよりもさらに露出の測光性能が優れています。D810は、ミラーアップ撮影では電子先幕シャッターが使えます。フラッシュの同調速度は、D810は1/250秒で、EOS-1D Xも1/250秒です。D810はSDカードとCFカードのダブルスロットで、EOS-1D XはCFカードのダブルスロットです。CFカードは端子が保護されているので、SDカードよりも安全性があります。

D810は、RAWサイズのLとSの選択ができます。D810は、焦点距離が1.2倍の30×20の撮像範囲の1.2×、焦点距離が1.5倍の24×16の撮像範囲のDXフォーマット、5:4の30×24も使えます。D810にはガイドナンバーが約12の内臓フラッシュがありますが、EOS-1D Xにはフラッシュが内臓していません。EOS-1D Xのフォーカシングスクリーンは交換できます。D810のバッテリーはCIPA基準で約1200枚の撮影枚数で、EOS-1D XはCIPA基準でファインダー撮影では約 1120枚です。

D810は、内蔵フラッシュを発光させないと約3860枚の撮影ができます。CIPA基準ではフラッシュを発光させて計測するので、EOS-1D Xのバッテリーの持ちはD810よりはかなり劣ります。1D Xのシャッターユニットは、レリーズテストで40万回の耐久性、D810は20万回です。D810は本体のみで約880g、EOS-1D Xは本体のみで約1340gです。ニコンFマウントとキヤノンEF マウントの違いもありますが、大きな違いはEOS-1D Xはフラグシップ機としての耐久性と堅牢さに優れていることです。

D810のレビューと比較に、ここに書いていないD810の機能を書いています。EOS-1D Xのレビューと比較も書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事