D810とD800 / D800Eの違いと比較

D810とD800 / D800E

ニコンのD810と、D800とD800Eの違いと比較について書いています。結論を先に書けば、D810は多くの面で改善されている後継機なので、D810を購入したほうがいいと思います。D810は総画素数が3709万画素で、D800 / D800Eの総画素数は3680万画素です。D810の画像処理エンジンはEXPEED 4で、D800 / D800Eは旧世代のEXPEED 3です。D810は光学ローパスフィルターレスで、D800EとD800は光学ローパスフィルターありのモデルです。D800Eはローパスフィルターをキャンセルで無効化して、解像感を増した機種です。D810のISO感度は、常用感度がISO64からISO12800で、D800 / D800Eの常用感度はISO100からISO6400です。D810とD800 / D800Eの違いは複数ありますが、中でも、この常用感度です。D810になってから、常用感度の高感度域だけでなく、低感度域にまでISO感度が広がっています。低感度時の深みと高感度域のノイズ耐性の両方で、D810はD800 / D800Eより画質がよくなっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


D810の拡張感度はISO32相当とISO51200相当まで使えて、D800 / D800Eの拡張感度はISO50相当とISO25600相当まで使えます。D810では、sRAWが使えるがようになっています。D810のsRAWは12ビットの非圧縮のみで圧縮できないので、sRAWにしてはサイズが大きいです。D810の連写は、FXフォーマットのAF追従でD810は約5コマ/秒、D800 / D800Eは約4コマ/秒でです。D810はバッテリーグリップのMB-D12とバッテリーのEN-EL18aを使えば、DXで約7コマ/秒のAF追従連写で、D800 / D800EはMB-D12を使って最高で約6コマ/秒です。D800 / D800EはJPEGでの連続撮影枚数は最大で100枚でしたが、D810でもJPEGでの連続撮影枚数は最大で100枚ですが、JPEGのシャッタースピードの4秒以上の光跡写真では枚数は無制限です。D810の液晶モニターは、3.2型の約122.9万ドットのRGBW配列で、D800 / D800Eは3.2型の約92万ドットです。D810のRGBWは、RGBにホワイト画素を追加して、屋外でも見やすくなっています。D810は静止画の液晶モニターの拡大表示で、50%の低倍率、100%の等倍、200%の高倍率ができます。

D810になって、光学ファインダーの下部の表示領域が、有機EL表示になりました。D810はホワイトバランスの微調整がG-M方向には0.25段単位でできて、2点拡大表示での水平確認もできます。D810の動画は1920×1080でフレームレートが60pですが、D800 / D800Eは1920×1080で30pでした。D810のAFモードに、グループエリアAFが追加しています。D810はピクチャーコントロールで明瞭度とフラットが新規追加されて0.25ステップで調整できるようになって、Picture Control Utility 2のソフトも付属しています。D810は前機種のD800 / D800Eとは違って、新設計のミラーパランサーでミラーショックが軽減しています。D810になって、ミラーアップ撮影で電子先幕シャッターが使えるようになっています。D810はi(アイ)ボタンを使って、設定を簡単に変更できます。D810には動画撮影時に白飛び表示を確認できるハイライト表示とハイライト重点測光、滑らかな操作で使えるパワー絞りもあります。

D810はCIPA基準で約1200コマ、D800 / D800Eは約900コマで、バッテリーはEN-EL15でどちらも同じです。D810は本体のみで約880gで、D800 / D800Eは本体のみで約900gで、D810のほうが約20g軽くなっています。D810はD800 / D800Eよりも多くの機能が追加されたり、画質もよくなって、D810に買い換えるだけの価値がある後継機になっています。D810のレビューと比較に、D810の記事を書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事