D810とα7Sの違いと比較

D810とα7S

ニコンのD810と、ソニーののα7Sの主な違いと比較を書いています。ニコンFマウントとソニーEマウントでレンズマウントの違いがありますが、どちらの機種も魅力があります。D810の総画素数は3709万画素で、α7Sの総画素数は約1240万画素です。D810もα7Sも35mmフルサイズセンサーなので、画素数が少ないことはそのまま受光面積に影響します。α7SはD810より約1/3の画素数なので、1画素の受光面積もそれだけ大きいです。D810の静止画の常用感度はISO64からISO12800ですが、α7SはISO100からISO102400です。α7Sは高感度域のノイズが特に少ないので、ノイズが少ない機種がいいのなら、D810よりα7Sです。D810は拡張感度でISO32相当からISO51200相当まで、α7Sは拡張感度でISO50からISO409600まであります。照明が暗いライブ会場や体育館などの室内スポーツなどでの動体撮影をする時には、D810よりもα7Sのほうがかなり頼りになります。以下に続きます。


スポンサーリンク


D810の画像処理エンジンはEXPEED 4で、α7SはBIONZ Xです。D810は視野率が約100%で倍率が約0.7倍の光学ファインダーで、α7Sは1.3cm(0.5型)の電子式ビューファインダーで、約236万ドットの視野率は100%、倍率は約0.71倍です。D810かα7Sのどちらを購入するか決める時に、この光学ファインダーとEVFの大きな違いがあります。光学ファインダーは、EVFより動体撮影をする時に向いています。EVFは特に風景やポートレート撮影に向いています。この傾向は、D810とα7Sでも同じです。α7Sの視度調整は-4.0から+3.0m、D810は-3から+1mです。視度調整のことは、ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に書いています。D810とα7Sの大きな違いに、サイズと重さがあります。α7Sは本体のみで約446g、D810は本体のみで約880gです。α7SはD810の約半分の重さなので、D810よりも気軽に持ち歩けます。

D810は3.2型の液晶モニターで約122.9万ドットのRGBW配列で、α7Sは3.0型の約92万ドットです。D810はホワイト画素も追加して屋外でも見やすく、モニターも少し大きく精細度も上なので、液晶モニターはD810のほうが優れています。D810は液晶モニターが固定式ですが、α7Sは上に約90度、下に約45度に動かすことができます。D810は1920×1080の60pのフルHD動画が撮れますが、α7Sは4K動画が撮れます。動画も重視するのなら、迷わずに、D810よりもα7Sです。D810のAFは光学ファインダー使用時に位相差検出方式で、α7Sはコントラスト検出方式のみです。位相差AFは速度に優れて、コントラストAFは精度に優れます。α7Sは、コントラストAFの速度も高める空間認識AFになっています。D810はのAFの測距点は51点で、α7Sは25点です。D810の連写は35mmフルサイズのFXフォーマットで最高約5コマ/秒で、連続撮影枚数は最大で100コマですが、シャッタスピードが4秒以上の光跡写真では枚数が無制限です。α7Sの連写は最高で約5コマ/秒で、JPEG Lサイズのファインで200枚の連続撮影枚数です。

α7Sの露出制御の測光方式は1200分割のセンサー、D810は91Kピクセル(約91000ピクセル)のセンサーで、D810のほうが露出の精度に優れています。D810はSDカードとCFカードのダブルスロット、α7SはSDカードとメモリースティックが使えるシングルスロットです。D810のRAWは、LとSのサイズを選択できます。D810はAFのスポット測光に合わせて測距点も連動して、AEの露出とスポット測光枠を合わせることができます。D810はFXフォーマットの他に、焦点距離が1.2倍になる30×20の撮像範囲の1.2×、焦点距離が1.5倍になる24×16の撮像範囲のDXフォーマット、5:4の 30×24も使えます。D810の静止画の液晶モニターで200%の拡大表示ができますが、α7Sはマニュアルフォーカス時にフルサイズで約8.3倍まで拡大できます。D810には、ガイドナンバーが約12の内臓フラッシュがあります。α7Sは、Wi-FiとNFCの近距離無線通信が内臓しています。D810は、Wi-Fi機能も内蔵していません。

α7Sでは、ソニーのデジタル一眼の特徴の全画素超解像ズームが使えます。D810のバッテリーはCIPA基準で約1200枚、α7SはCIPA基準でファインダー使用時は約320枚、 液晶モニター使用時は約380枚の撮影枚数です。D810のレビューと比較に、ここに書いていないD810の機能の続きを書いています。α7Sのレビューと比較の記事も書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事