D810とα7の違いと比較

D810とα7

ニコンのD810と、ソニーのα7の主な違いと比較を書いています。D810は総画素数が3709万画素で、α7の総画素数は約2470万画素です。D810と、α7の大きな違いにファインダーがあります。D810は光学ファインダーで、視野率は約100%、倍率は約0.7倍です。α7のEVFは0.5型で約236万ドットで、倍率は0.71倍、視野率は100%です。光学ファインダーは動体撮影に優れて、EVFは静的撮影に優れています。D810の視度調節の範囲は-3から+1で、α7の視度調整の範囲は-4.0から+3.0mです。視度調整のことは、ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に書いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


D810は3.2型の液晶モニターで約122.9万ドットのRGBW、α7は3.0型の約92万ドットで、上に約90度、下に約45度に動かせるチルト式液晶です。D810のRGBWホワイト画素を追加して、屋外でも見やすくなっています。D810の静止画のISO感度は常用感度でISO64からISO12800、減感と増感ではISO32からISO51200相当まであります。α7のISO感度はISO100からISO25600で、拡張感度でISO50、マルチショットノイズリダクションを使えばISO51200も使えます。α7の連写は最高で約5コマ/秒、AF追従連写では約2.5コマ/秒です。D810の連写は35mmフルサイズのFXフォーマットでのAF追従で最高約5コマ/秒です。

D810は連続撮影枚数は最大で100コマまでですが、シャッタースピードが4秒以上のJPEGの光跡写真の時には枚数は無制限です。α7はJPEGでの連続撮影枚数は200枚までです。α7よりD810のほうがAF追従の連写性能が優れていて、AF追従連写をよくするのなら、α7よりもD810です。D810のAFの測距点は51点ですが、α7での位相差AFの測距点数は117点です。α7のコントラストAFの測距点数は25点です。露出制御の測光方式は、α7は1200分割ライブビュー分析測光で、D810は91Kピクセル(約91000ピクセル)RGBセンサーで、D810のほうが分割性能に優れているので、α7よりも露出が正確です。D810はSDカードとCFカードのダブルスロットで、α7はSDカードとメモリースティックのシングルスロットです。

動画は、どちらも1920×1080のフルHDでの60pです。D810はRAWはサイズでLとSの選択ができます。D810には、焦点距離が1.2倍になる30×20の撮像範囲の1.2×、5:4の30×24もあります。フラッシュの同調速度は、D810は1/250秒で同調、α7も1/250秒です。D810はスポット測光でAF枠と連動して露出も連動できます。D810には、α7にはないフラッシュを内臓しています。D810のバッテリーはCIPA基準で約1200コマの撮影枚数ですが、α7はファインダー使用時に約270枚、液晶モニター使用時に約340枚です。D810は本体のみで約880g、α7は本体のみで約416gです。α7には、D810にはないWi-Fiと近距離無線通信のNFCを内臓しています。

ここに書いていないD810の機能をD810のレビューと比較に書いています。α7のレビューと比較も書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事