D7500とD7200の違いと比較

D7500とD7200

D7500とD7200の主な違いを書いています。

大きな違いが、画素数です。D7500の有効画素数は2088万画素ですが、D7200の有効画素数は2416万画素でした。どちらもDXセンサーなので、D7500はD7200よりも、1画素当たりの受光面積を拡大させて、画素ピッチに余裕が出て、画質を重視した後継機になっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味に、画素ピッチのことを書いています。

センサーの大きさが同じで画素数が減ると、特に高感度画質が向上しますが、低感度時の画質も向上します。D7500の画像処理エンジンはEXPEED 5ですが、D7200はEXPEED 4でした。D7500が出た状況がD7200と大きく違うのは、DXフラグシップにD500が出たことです。

D500より前は、D3000、D5000シリーズの上にD7000シリーズがあって、DXの実質的フラグシップとしてD7200の存在がありました。それがD500が出たことで、D7500はDXの中でのクラスが下がりました。それで、D7200の後継機のはずが、D7500のほうが機能が削られているところもあります。

D7500はD500と同じセンサーを搭載しているので、肝心のセンサーはD7200より優れています。しかし、それ以外では、D7200はダブルスロットなのに、後継機のD7500ではシングルスロットになっています。

D7200にはあったAi連動レバーの露出計連動レバーが、D7500ではなくなっています。モニターの画素数はD7200は約122.9万画素でしたが、D7500は約92.2万ドットに減っています。しかし、D7500はD7200の固定式モニターとは違ってチルト式になっているので、便利に撮影できます。

D7500のモニターはアイセンサーの自動消灯ができて、タッチAF、タッチシャッターが使えます。ISO感度は、D7500がISO100からISO51200で、D7200がISO100からISO25600までです。D7500は減感でISO50相当、増感でISO1640000相当まで使えますが、D7200はISO102400相当の増感までで、減感はできません。

拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに書いています。連写性能は、D7200は14ビットのRAWで約5コマ/秒まででしたが、D7500は14ビットのロスレス圧縮RAWでもAF-Cで約8コマ/秒になっています。

露出制御の測光方式は、D7500はD500の測光センサーでもある180KピクセルRGBセンサーですが、D7200は2016分割RGBセンサーなので、ここも画質に影響がある違いです。D7500では、D7200ではなかったグループエリアAFが使えるようになっています。D7200は動画はフルHDまででしたが、D7500は4K UHDの3840×2160で撮影できます。

その他のD7500にはあってD7200にはない違いは、D7500にはピクチャーコントロールにオートがあって、10コマの画像記録の多重露出、静止画でのフリッカー低減、ハイライト重点測光、4K UHDでもタイムラプス動画の自動生成、動画撮影中もボケ変化ができるパワー絞り、フルHDとHDでのアクティブD-ライティングと電子手ブレ補正、電波制御のリモートフラッシュに、SnapBridgeも使えるようになっています。

D7500の本体のみの重さがモノコック構造になって約640gで、D7200の本体のみの重さは約675gです。D7500はD500が出たことで、本格的に、DXのフラグシップではなくなったことでD7200から機能が省かれたところもあって、そこがD7500が批判されている理由ですが、D500と同じセンサーを使って、D7200にはない多くの機能が追加されています。

D7200が出た時にもD7200はかなり批判されていましたが、それがいつの間にか名機とまで言われるようにまでなっています。冷静に見れば、D7500はD7200よりも機能が省かれている点があっても、その他で機能が更新されている面が多いので、D7500の評価も時間が経つとともに高くなると思います。

D7500とD7200の主な違いと比較を書いてきましたが、それぞれの機種のことは、D7500D7200の記事に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事