ニコン D610とD600の違いと比較

D610とD600

ニコンのD610とD600の違いには、まず連写コマ数があります。D600では約5.5コマ/秒だったのが、D610では約6コマ/秒の連写枚数が可能になっています。D600ではできなかったことに、静音時の連続撮影があります。D610では、レリーズモードのダイヤルをQcに合わせると静音モードで約3コマ/秒の連続撮影ができます。他にもD610は、D600よりもホワイトバランスの精度が向上しています。D610とD600の基本的な違いは、連写コマ数、静音モードでの連写、ホワイトバランス精度の向上です。この3つの機能の向上を重視するのなら、D600よりもD610を購入したほうがいいです。D610もD600のどちらとも、100コマまでの連続撮影ができます。以下に続きます。


スポンサーリンク


D610とD600の表面的な違いはその3つですが、他の違いにD600の一部の機種で問題になっていたゴミ問題があります。レンズ交換式の機種はどれもゴミ問題を抱えているので、D600でもゴミ問題を抱えるのはレンズ交換式で共通の悩みです。D600の一部で問題になったのは通常のゴミではなく、ローパスフィルター上に黒い粒状のゴミが付着することでした。D610ではその問題が改善されているので、D600との違いはこのゴミ問題にもあります。他の機能はD610もD600も同じなので、D600を使っていて満足しているのなら、無理してD610に買い換えることもないと思います。ニコン D610のレビューと比較に、D610のことを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事