D500とK-1の違いと比較

D500とK-1

D500K-1の主な違いと比較を書いています。APS-Cセンサー機と35mmフルサイズ機の違いがありますが、価格帯が近いこともあって比較しています。D500の最大の特徴はAPS-Cセンサーを生かした望遠撮影の強みと連写性能で、AF追従で約10コマ/秒で14ビットのロスレス圧縮RAWでも200枚の連続撮影ができて、K-1はフルサイズ時には約4.4コマ/秒でRAWで17枚、APS-C時には約6.5コマ/秒でRAWで50枚です。以下に続きます。


スポンサーリンク


K-1は35mmフルサイズですが、APS-C相当でのクロップ撮影ができます。K-1は有効画素数が約3640万画素あるので、APS-Cクロップでも約1536万画素あります。D500の有効画素数は2088万画素あるので、APS-Cで比較すれば画素数の差は500万画素くらいです。AFの測距点数はK-1が33点で、D500は153点です。

このAFの食い付き性能がD500のほうが優れて、D500はD5と同じAF専用エンジンもあるので、特に、野鳥などの動体撮影ではD500のほうが向いています。それでも、K-1はAPS-Cクロップ時になると33点の測距点がファインダーに広がって使いやすくなりますが、ファインダーが小さくなります。K-1のファインダーの倍率は約0.7倍でD500は約1.0倍ですが、撮像素子の違いで実質の倍率はK-1のほうが高いです。

K-1の視度調整の範囲は約-3.5から+1.2で、D500は-2から+1なので違いがあります。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に視度調整のことを書いています。D500には、アイピースシャッターがあります。K-1には、手ブレ補正を使った偽色とモアレを防ぐローパスセレクター機能があります。D500のモニターは式3.2型の約236万ドットのタッチパネル式で、上に約90度、下に約75度に動かせます。

K-1のモニターは3.2型の約103.7万ドットで、上下に約44度、左右に約35度、ウェストレベルで約90度に動かせて4本のステーで支えるモニターです。K-1はタッチパネルは使えません。K-1はISO100からISO204800まで使えますが、D500はISO100からISO51200までの常用感度で、拡張感度でISO50相当とISO164万相当まで使えます。

拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。K-1はSDカード系のデュアルスロットで、D500はXQDカードとSDカード系が使えるダブルスロットです。D500は4K動画が撮れますが、K-1はフルHDです。K-1のボディ上部の右肩には、D500にはない便利に設定できるスマートファンクション機能があります。

K-1には手ブレ補正機能での4枚連写で撮影するリアル・レゾリューション・システムがあります。K-1にはCIPA(カメラ映像機器工業会)基準で5段の補正効果がある手ブレ補正機能があって、D500は内臓式の手ブレ補正機能はないです。この手ブレ補正の有無も大きな違いで、D500では高感度撮影をしないといけない時でも、K-1なら低感度で撮影できます。

D500のAFの検出輝度範囲は-4から+20EVで、K-1は-3から18です。K-1は人工知能のディープラーニングを使った画像認識ができます。D500のシャッターユニットの耐久性は約20万回で、K-1は30万回です。D500は氷点下では動作環境外ですが、K-1は氷点下-10度でも使えます。K-1はCIPA基準で約760枚の撮影枚数で、D500はCIPA基準で約1240枚です。

K-1の本体のみの重さは約925gで、D500はモノコック構造で本体のみの重さは約760gです。D500とK-1では連写性能のD500ですが、K-1はAPS-Cサイズでクロップすると約6.5コマ/秒で画素数も確保されているので、一般的な動体撮影での秒間コマ数では使える機種です。D500ほどの連写性能が必要なければ、手ブレ補正もあって価格帯も近い35mmフルサイズ機のK-1で、連写重視ならD500になります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事