D500とD7200の違いと比較

D500とD7200

D500D7200の主な違いと比較を書いています。D500の総画素数は2151万画素で、D7200の総画素数は2472万画素です。D500はDX機のフラグシップ機ですが、D7200よりも画素数が少ないです。フラグシップ機でも下位機種よりも画素数が多くないといけないことはなくて、画素数が少ないほうがISO感度耐性が優れる利点があります。D500の画像処理エンジンはEXPEED 5で、D7200の画像処理エンジンはEXPEED 4です。以下に続きます。


スポンサーリンク


D500のほうが最新機種なのに画素数が少なくが像処理エンジンが最新で、拡張感度を使えば、ISO164万相当まで使えます。D500の常用感度は、ISO100からISO51200まで使えて、ISO50相当の減感もできます。D7200の常用感度はISO100からISO25600までで、拡張感度ではISO10万2400相当までです。D500はD7200では全く記録もできない暗さでも画像を残すことができるので、写真撮影で記録を重視するのならD500のほうが断然に優れています。

拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。D500はDX機のフラグシップ機として、D7200にはないボタンイルミネーションがあります。D500のファインダーの倍率はAPS-C相当で約1.0倍で、D7200はAPS-C相当で約0.94倍です。D500のファインダは丸型です。D500のアイポイントは接眼レンズ面中央から16mmで、D7200は接眼レンズ面中央から19.5mmです。D500の液晶モニターはチルト式の3.2型のタッチパネルで、約236万ドットで、タッチシャッターもできます。

上に約90度、下に約75度に動かせます。D7200は3.2型の約122.9万ドットの固定式です。D500はXQDカードとSDカード系が使えるダブルスロットですが、D7200はSDカード系のダブルスロットです。D500はUHS-II規格に対応していますが、D7200は非対応です。D500の連写は約10コマ/秒で、D7200は1.3倍では約7コマ/秒ですが、D500はRAWで200枚の連続撮影枚数があります。D7200はRAWで1.3倍のクロップ時でも29枚の連続撮影枚数です。

連続撮影枚数に圧倒的な違いがあるのは、D500のバッファメモリーの容量がD7200よりもかなり大きいからです。連続撮影枚数が優れていると連写時間が長くなるので、連写時間を稼ぎたいのならD500のほうが圧倒的に優れています。D500のAFの測距点数は153点もありますが、D7200は51点です。これだけ違うので、D500のほうがクロスセンサーの捕捉率も優れています。連続撮影枚数と測距点数の多さを考えても、D500はD7200よりも、特に動体撮影でかなり優れている機種です。

露出制御の測光方式も、D500は約18万画素のRGBセンサーですが、D7200は2016分割のRGBセンサーなので、これもかなりの違いがあります。D500の動画は3840×2160(4K UHD)の30pで撮影できて、D7200はフルHDの1920×1080の60pなので、動画性能にも違いがあります。D500には静止画でのフリッカー低減機能と、ホワイトバランスのAUTOに「AUTO 0 白を優先する」、「AUTO 1 標準」、「AUTO 2 電球色を残す」があります。

D500にはRAWサイズにLとMとSがあって、TIFFもあります。D500のAFの検出輝度範囲は中央が-4EVでその他が-3EVですが、D7200は中央1点は-3EVですが、他のの50点は-2EVから-3EVです。D500は高輝度側は20で、D7200は19です。D7200にはガイドナンバーが約12の内臓フラッシュがありますが、D500には内臓フラッシュはありません。シャッターユニットの耐久性は、D500が約20万回で、D7200は約15万回です。

D500は炭素繊維複合素材のモノコック構造で、ボディの重さも抑えています。D500は、SnapBridgeのアプリを使ってスマホに画像の自動送信は画像に位置情報の付加もできます。D500のバッテリーはCIPA基準で約1240枚で、D7200はCIPA基準で約1110枚の撮影枚数です。CIPA基準での計測は内臓フラッシュがあれば2回に1回は発光する決まりなので、D7200のほうが少ないのはそれもあります。D500は本体のみで約760gですが、D7200は本体のみで約675gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事