D5とD4Sの違いと比較

D5とD4S

ニコンのD5D4Sの主な違いと比較を書いています。D5の総画素数は2133万画素で、D4Sの総画素数は1661万画素です。D5の画像処理エンジンはEXPEED 5で、D4SはEXPEED 4です。D5のファインダーの倍率は約0.72倍で、D4Sは約0.7倍です。D5のモニターは3.2型の約236万ドットで、D4Sは3.2型の約92万ドットです。D5のモニターは、タッチパネルに対応しています。D5のISO感度は常用感度域がISO100からISO102400までで、D4Sの常用感度域はISO100からISO25600です。以下に続きます。


スポンサーリンク


拡張感度では、D5はISO50相当からISO328万相当まで使えて、D4SはISO50相当からISO40万9600相当まで使えます。常用感度域も拡張感度も、D5のほうがかなり優れています。D4Sでは全く撮れない暗所でも、D5なら記録に残すことができます。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。D5のAFの測距点数は153点ですが、D4Sは51点です。D5は、D4Sより130%以上に広がった測距点で使えるようになっています。

D5は合成F値がF8でも15点の測距点に対応してクロスセンサーは5点ですが、D4Sは合成F値がF8では11点の測距点に対応して、中央の1点のクロスセンサーです。D5にはAF微調節機能で、ライブビューでも調整できるようになっています。D4Sは、XQDメモリーカードとCFカードのダブルスロットでしたが、D5はXQDカードのダブルスロットと、CFカードのダブルスロットの2つのボディに分かれています。D5になって、同種の記録媒体のダブルスロットになっています。

D5はAF追従でも約12コマ/秒でミラーアップでは約14コマ/秒ですが、D4Sは約11コマ/秒です。D5は、14ビット記録のロスレス圧縮RAWでも最大200コマの連続撮影枚数です。D4Sは、14ビット記録のロスレス圧縮RAWでは78枚の連続撮影枚数です。D5では、AF-CでAFロックオンの設定ができます。D5はD4Sにはない、AF専用エンジンもあります。D5はは3840×2160(4K UHD)の30pでの動画撮影できますが、D4SはフルHDの1920×1080の60pです。

D5は動画編集で4K UHD動画からの切り出しで約800万画素のJPEG画像で記録できるので、瞬間の記録もできるようになっています。D5はD4Sにはないホワイトバランス機能もあります。D5のホワイトバランスのAUTOには「AUTO 0 白を優先する」、「AUTO 1 標準」、「AUTO 2 電球色を残す」があります。D5の多重露出撮影に、比較明合成、比較暗合成もあります。D4SのAFの検出範囲は-2から+19 EVですが、D5は-4から+20EVまで対応しています。

D5はRAWにLとMとSが選択できるようになっています。D5のバッテリーはCIPA基準で約3780枚で、D4SはCIPA基準で約3020枚です。ニコンがプロを想定した枚数では、D5は約8160枚でD4Sは約5960枚です。D5には、ボディー前面にFn2ボタンが追加されています。D5は本体のみで約1235g(XQDカードボディ)と約1240g(CFカードボディ)で、D4Sは本体のみで約1180gです。D5は連写性能もISO感度の性能もD4Sよりさらに向上していて、動体撮影をする時にもD5のほうがさらに頼りになる機種になっています。

D5はD4Sよりもミラーショックも抑えられています。D5のボタンイルミネーションは、削除ボタンと再生ボタンでも使えます。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事