カシオ G'z EYE GZE-1 レビュー 比較と評価

G'z EYE GZE-1

カシオのG'z EYE GZE-1の総画素数は2114万画素で、有効画素数は690万画素です。センサーは、1/2.3型の裏面照射型のCMOSです。裏面照射型は、それまでの表面照射型よりも高感度時のノイズが減少しています。

画像処理エンジンはEXILIMエンジンHS Ver.3です。レンズの焦点距離は13mm相当で、実質の焦点距離は1.35mmです。総画素数が2114万画素あっても有効画素数が690万画素で、13mm相当の焦点距離なこともあって、GZE-1は動画撮影に向けた機種です。以下に続きます。


スポンサーリンク


レンズが最も明るい開放F値はF2.8、レンズの先端から被写体まで約40cmまで寄れます。GZE-1はタフネスボディで、耐衝撃性が落下で4m、防水性が水深で50m、防塵性がIP6X、耐低温が-10℃です。

GZE-1は、G-SHOCKに似たボディで、今までのカメラボディの形態とは違っています。手ブレ補正は光学式はないですが、3軸対応の動画手ブレ補正があります。

動画手ブレ補正では、標準と強で設定が変えられます。静止画には手ブレ補正はないです。ファインダーはないですが、GZE-1には背面の液晶モニターもありません。

モニターがないので、動体の動画撮影に向いています。露出制御はプログラムAEで、マニュアル撮影はできません。記録メディアはmicroSDカード系で、内臓メモリーは約14.8MBあります。

露出補正の補正幅は±2段で、1/3EVステップで補正できます。動画はフルHD動画の1920 x 1080の30fpsで撮影できます。動画のファイル形式はMOV、映像はH.264/AVC、音声はIMA-ADPCMのステレオです。

マイクはステレオで、スピーカーはモノラルです。スロー動画の前後をハイスピード撮影できるドラマチックスローの機能もあります。ボディには、LEDインジケーターがあります。

Wi-Fiに、Bluetoothがあって、スマホでリモート撮影ができます。バッテリーはCIPA基準で、約355枚の撮影枚数です。GZE-1の本体のみの重さは約152gです。

デジカメが普及したきっかけを作ったのは、1995年のカシオのQV-10で、モニターで簡単に撮れることから普及していきました。カシオのカメラは他のメーカーにはない特徴ある機種になっているので、このGZE-1もカシオらしい面を出したものになっています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事