カシオ EXILIM EX-FC400S レビュー 比較と評価

HIGH SPEED EXILIM EX-FC400S

カシオのEXILIM EX-FC400Sは、EX-FC300Sの後継機です。EX-FC400SはEX-ZR1100をベースにしているので、カメラの性能面はEX-ZR1100と同じです(EX-ZR1100の記事に、その性能を書いています)。EX-FC400SはEX-ZR1100の性能に加えて、ゴルフ撮影に最適な機能を搭載しています。カシオは前機種のEX-FC300Sもそうですが、ゴルフ撮影に専用のデジカメを販売してきています。最近はコンデジがスマホに押されて、特にエントリーコンデジはスマホが出てきて売れなくなっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


カシオは2009年からゴルフのスイングがチェックできる機種を販売していますが、EX-FC400Sはそのゴルフシリーズの5弾目になります。コンデジはスマホにはできない付加機能を付けないと売り上げの減少が加速すると言われていますが、2009年からゴルフ専門のデジカメを発表しているところにカシオらしさがあります。カシオが1995年のQV-10で液晶画面を搭載してからデジカメが急速に普及していきましたが、カシオは需要の隙間を見つけて、それを製品化してきました。実際に、ゴルフ専門のデジカメ部門でもカシオが筆頭です。

EX-FC400SにもEX-ZR1100と同じで自立スタンドと180度に開くチルト液晶があるので、モーションシャッターを使ってゴルフスイングのスロー録画も撮れます。EX-FC400Sになって新しい機能は、印象的な瞬間を自動でスロー録画をしてくれる機能、見たいところを拡大表示、前傾角、ライ角の数値表示があります。EX-FC400Sでは、石川遼プロと自分のスイングを比較できる機能もあります。ゴルフ連写機能がある機種もありますが、カシオほどゴルフ専門の機能が充実している機種はありません。カシオは何台もゴルフ専門機種を更新してEX-FC400Sが最新機種なので、ゴルフでデジカメを使いたいならカシオのEX-FC400Sが最適です。

EX-FC500Sのレビューと比較に、後継機のことを書いています。

スマホにはない付加価値で高画質の高級コンデジ路線に行く機種もあれば、カシオのように隙間に確実な需要を見つけて行く機種もあります。ゴルフ撮影には一定の需要があるので、カシオのEX-FC400Sの路線はスマホの影響下でも魅力がある機種になっています。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事