Canon PowerShot SX600 HS レビュー 比較と評価

Canon PowerShot SX600 HS

キヤノンのPowerShot SX600 HSは、SX700 HSより機能が制限されたコンパクト望遠機です。撮像素子は1/2.3型のCMOSで、裏面照射型です。裏面照射型は、高感度ノイズが少なめです。SX600 HSの画像エンジンはDIGIC4なので、SX700 HSには搭載されている最新のDIGIC6より2世代前です。総画素数は約1680万画素で、レンズの焦点距離は25mmから450mm相当で、実質の焦点距離は4.5mmから81.0mm、レンズの絞り値の開放F値はF3.8からF6.9です。SX700 HSはマニュアル撮影ができますが、SX600 HSは絞り優先もなくオート撮影機です。SX700 HSにはある動画撮影時の5軸手ブレ補正は、SX600 HSにはありません。以下に続きます。


スポンサーリンク


SX600HSはできるだけ画質の劣化を抑えるプログレッシブファインズームがあって、Lの記録画素数時には36倍の900mm相当、M2なら72倍の1800mm相当までズームできます。デジタルテレコンには、約1.6倍と2倍があります。デジタルテレコンは広角側が望遠側に移動するもので、通常の望遠側だけをズームとは違います。デジタルテレコンは少ない記録画素数で余った画素数を使ってズームするクロップなので、画質の劣化なく使えます。デジタルテレコンを使えば、広角端の開放F値のままでズームできるのでシャッタースピードが稼げます。レンズ先端から被写体まで、広角端で5cm、望遠端で1mまで寄れます(マクロ撮影の距離は、コンデジのマクロとデジタル一眼レフとミラーレスの最短撮影距離の違いに書いています)。

SX600 HSはファインダーはなくて、3.0型の約46.1万ドットの液晶モニターで、液晶品質はエントリーコンデジ並です。露出補正の幅は±2段なので、この露出補正の幅もエントリーコンデジ並です。ISO感度はISO100からISO3200、ローライトモード時にはISO6400まで使えます。動画はフルHDの1920×1080で撮影できますが、フレームレートは30fpsです。動画中の光学ズームはできます。クリエイティブショットは、構図と色・光をカメラ側が自動設定して6種類の写真を撮影する機能です。シャッタースピードは、1/2000秒までです(レンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターの違いとはに、シャッタースピードのことを書いています)。

SX600HSは静止画撮影時の光学手ブレ補正のマルチシーンISで、350mm相当時に2.5段の補正効果があります(段刻みは、レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に書いてます)。ハイスピード連写は約10.5枚/秒ですが、AFは1コマ目に固定されます。SDXCメモリーカードが使えて、起動時間は約1.5秒で、Wi-Fi対応でスマホからリモート操作できます。NB-6LHのバッテリーで約290枚、エコモード時には約430枚の撮影ができます。本体のみで約164グラム、薄さは26.0mmです。SX600 HSは薄型ボディーに、広角25mmの広い画角からの光学18倍ズームで、手軽に望遠撮影ができるのが魅力の機種になっています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事