キヤノン SX510 HSとSX500 HSの違いと比較

SX510 HSとSX500 HS

キヤノン PowerShot SX510 HSのレビューと比較からの続きです。

キヤノンのPowerShot SX510 HSは、2012年の9月に発売されたSX500 HSの後継機です。SX500 HSとの比較では、撮像素子に大きな違いがあります。SX500 HSは、1/2.3型のCCDで総画素数は約1660万画素でした。それが、後継機のSX510 HSになって1/2.3型の裏面照射型のCMOSで総画素数は約1280万画素の撮像素子に変わりました。SX500 HSは表面照射型のCCDだったのが、SX510HSになって、裏面照射型のCMOSになったのが一番の大きな違いです。以下に続きます。


スポンサーリンク


SX510 HSの裏面照射型CMOSは、ソニー製のものだと思います。ソニー製の裏面照射型CMOSは内閣総理大臣発明賞を受賞しているもので、ノイズ耐性に優れています。それに、SX510 HSになってSX500 HSよりも総画素数を380万画素も減らしました。約400万画素も後継機のSX510 HSで減らして裏面照射型CMOSになったので、ノイズ耐性がSX500 HSよりよくなっています。SX500 HSは通常のISO感度設定域が100から1600でしたが、後継機のSX510 HSになってISO80からISO3200になりました。SX510 HSになって高感度側に一段強くなったのと、ISO感度が低感度域にも20増したことになります。SX500 HSより後継機のSX510 HSになって、高感度と低感度域の画質がどちらともよくなりました。

SX500HSでは約195枚しかバッテリーが持ちませんでしたが、後継機のSX510HSになってエコモードにすると約330枚も持って、撮影枚数が135枚も大幅に増えたことになります。SX510 HSはSX500 HSより、画質面とバッテリーがかなり向上している機種になっています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事