SX280 バッテリーの持ちとスマホのリモート操作がHX50Vに劣る

SX280 バッテリーの持ちとスマホのリモート操作がHX50Vに劣る

キヤノンのパワーショット SX280 HSの欠点、弱点は、バッテリーが持たないことです。エコモードではない通常の使用では、約210枚しか持ちません。ソニーのサイバーショット DSC-HX50Vのバッテリーは約400枚も持つので、高級コンパクト機よりも持ちます。HX30Vのバッテリーの持ちは約320枚だったので、HX50Vになって持ちが改善したのです。以下に続きます。


スポンサーリンク


前機種のSX260のバッテリーの持ちは約230枚持ったので、後継機のSX280になってバッテリーの持ちが20枚悪くなりました。HX50Vの場合には前機種のHX30Vよりもバッテリーの持ちが改善したのに、SX280はバッテリーの持ちが前機種よりも悪化しています。SX280は後継機なのに前機種よりバッテリーが悪化してしまうところが、HX50Vよりも劣るところです。

それと、HX50Vに比べてSX280が劣っているのは、スマホ操作です。HX50VはスマホにWi-Fi接続して、リモート操作で使えるのです。HX50Vの液晶画面をスマホに表示して、シャッターを切ったりズームが可能なモニタ操作がスマホでできます。HX50Vなら、集合写真でスマホからリモート操作して全員が写ることができます。撮影する人だけが集合写真の中に入れない状況が、HX50Vを使えばなくなるのです。SX280は、スマホにWi-Fi接続してスマホからのモニタ操作ができません。SX280ができるのは、スマホに撮った写真を転送することです。

次の08のキヤノン パワーショット SX280 DSC-HX50V 動画の記事に続きます。ソニー サイバーショット DSC-HX50Vに、HX50Vのことを書いています。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事