キヤノン パワーショット SX280 プログレッシブファインズーム

SX280 プログレッシブファインズーム

前の04のキヤノン パワーショット SX280 HS 高感度ノイズの記事からの続きです。

キヤノンのパワーショット SX280 HSのプログレッシブファインズームは、記録画素数のサイズがM2の200万画素相当の時には80倍までズームできます。SX280 HSのレンズの広角端の25mmの80倍なので、2000mmまでズームできます。最大記録画素数のLの1200万画素相当でも、40倍の1000mmまでズームできます。以下に続きます。


スポンサーリンク


プログレッシブファインズームはデジタルズームを改善したものでもデジタル系のズームなので、等倍で見ると光学ズームよりも低画質なのが分かります。大きく印刷したり等倍で見るのでなく縮小して使うのなら、500mm以上の超望遠はプログレッシブファインズームの1000mm以上のズームを使うといいと思います。

SX280 HSには、プログレッシブファインズームよりも先にデジタルズームがあります。デジタルズームはズームをするほど、記録画素数よりも画質がどんどん低下していきます。その記録画素数以下に画質を低下しないのなら、デジタルズームは使わないほうがいいです。SX280 HSのボディの背面にあるMENUボタンを押すとカメラのマークのタブがあるので、そこにあるデジタルズームの項目で[切]にすると、デジタルズームを使わない設定にしておくことができます。

次の06のキヤノン パワーショット SX280 HS DIGIC 6の記事に続きます。ソニー サイバーショット DSC-HX50Vに、HX50Vのことを書いています。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事