CANON PowerShot SX280 HS SONY Cyber-shot DSC-HX50V

CANON PowerShot SX280 HS SONY Cyber-shot DSC-HX50V

前の02のSX280 HS DSC-HX50V 画質の記事からの続きです。

ソニーのサイバーショット DSC-HX30Vの頃によく言われていたのは、裏面照射型の撮像素子だから画質が悪いということです。裏面照射型だから画質が悪いことはありません。高級コンパクトのニコンのCOOLPIX P7700は裏面照射型ですが、画質がいい機種です。キヤノンのパワーショット SX280 HSも裏面照射型ですが、DSC-HX50Vのようにテレ端で画質が気になることもありません。以下に続きます。


スポンサーリンク


ニコンのP7700を見ると、よく分かります。P7700は撮像素子がSX280 HSやDSC-HX50Vの1/2.3型よりも大きい1/1.7型ですが、総画素数は1276万画素で、SX280 HSと同じくらいです。それに、P7700のレンズは200mmまでで、ボディはコンパクトにしすぎずに、レンズに負担がかからないようにしています。P7700は画素数を増やしすぎずに、高級コンパクトでレンズにも力を入れているので、裏面照射型でも画質がいいのです。

SX280 HSはCOOLPIX P7700よりも画質が劣りますが、画素数を増やしすぎないところはP7700と同じです。レンズに負担がかかる高画素化を避けたことで、DSC-HX50VよりもSX280 HSのほうが画質がいい機種になっています。次の04のキヤノン パワーショット SX280 HS 高感度ノイズの記事に続きます。ソニー サイバーショット DSC-HX50Vに、HX50Vのことを書いています。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事