キヤノン パワーショット SX280 HS レビュー 比較と評価

キヤノン パワーショット SX280 HSのレビュー

高倍率の超望遠ズームのコンパクト機で、キヤノンのパワーショット SX280 HSとソニーのサイバーショット DSC-HX50Vのどちらにしようか悩んでいることが多いので、ここでSX260 HSの後継機のSX280 HSのレビューをしています。SX280 HSとHX50Vの2機種をまず見た時には、SX280のほうがコンパクトでボディが薄いです。HX50Vはコンデジの割には分厚いボディで、グリップはキヤノンの高級コンパクト機のG15よりも厚いくらいです。以下に続きます。


スポンサーリンク


HX50Vは720mmまでの超望遠機なので、手ブレしないようにグリップが厚めにできています。SX280のグリップは、HX50Vのように厚くないです。SX280はグリップというより、棒状の突起になっていて、そこに指を引っかけるようになっています。SX280は、指グリップのようになっているのです。SX280はHX50Vよりもコンパクトでも、薄いだけでなく、指グリップがあるので手ブレしにくい作りになっています。

PowerShot SX280 HSは、前機種のSX260と画素数も撮像素子のサイズもレンズの明るさの開放F値も同じです。こう書くとSX280は前機種から進化していないように思われることもありますが、そうではないです。後継機であっても画素数が前機種と同じなことは、大きな利点にもなります。後継機になると画像エンジンが刷新されるので、同じ画素数でも画質が良くなります。

次の02のSX280 HS DSC-HX50V 画質の記事に続きます。ソニー サイバーショット DSC-HX50Vに、HX50Vのことを書いています。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事