Canon SX110 IS 単3電池で海外旅行にも最適

Canon PowerShot SX110 IS

単三電池で海外旅行に最適なSXシリーズの機種は、SX160 ISで最後になりました。


CanonのPowerShot SX110 ISは手ブレ補正の光学10倍ズームを搭載していながら、コンパクトになっています。手ブレ補正の光学ズーム機は他メーカーからも出ていますが、SX110には他にない特徴があります。

キヤノンのパワーショット機が他メーカーの光学ズーム機と違うことに、市販の単3電池が使えることがあります。市販の単3形アルカリ電池も、もちろん使えますが、単3形ニッケル水素電池も使えます。単3電池が使える機種の場合に特に薦めるのは、サンヨーのエネループです。以下に続きます。


スポンサーリンク


サンヨーのニッケル水素電池のエネループは、今までの電池の持ちからすると考えられないくらいに持ちます。今までのニッケル水素電池は、放電したり充電したりして管理に気を遣わないといけないことがありました。そのために、専用電池のほうがいいと言われることもありました。専用電池のほうが電池管理に気を遣わなくてよかったからです。

SANYOのエネループはそんな煩わしい電池管理をしなくても使えて、しかも、一度充電したら一時期使わなくても、その充電状態が専用電池よりも長い期間持ちます。専用電池よりも優秀なSANYOのエネループが使えるPowerShot SX110 ISは、それだけでもかなりの利点があります。

単三電池はあらゆる場所で買えるので、海外旅行時にも本当に安心ですし、PowerShot SX110 ISは二本の単三電池で動くので、経済的にも安心できます。PowerShot SX110 ISは光学10倍ズーム以外に、絞り優先、シャッター優先、マニュアル露出もできるフルマニュアル機能もあります。この機能があることで海外旅行でも夜景を綺麗に撮ったり、三脚を使ってシャッター優先機能で滝なども綺麗に撮ることもできます。

フルマニュアル機能が可能なのも、他メーカーのコンパクトな光学ズーム機とは違うことです。マニュアル機能があれば、夜景や滝などを撮る時以外にも、木漏れ日などの明暗差がある被写体をレンズの開放側で撮った時に起こるパープルフリンジ現象なども、レンズを絞ることでかなり軽減できます。初心者用に「らくらく」モードもあります。

単三電池駆動で、マニュアル露出もできるフルマニュアル機能があって、手ブレ補正の光学10倍ズームで、しかも、これだけコンパクトな機種はPowerShot SX110 ISだけです。他の高倍率なコンパクト機は単3電池が使えないで、絞り優先もシャッター優先もできない高倍率オート機になっています。

SX110 ISは、セーフティズームが使えます。画質が劣化するデジタルズームとは違うので、360mm以上の望遠が必要な時にはセーフティズームが使えます。セーフティズームをM3の200万画素相当で使うと、22倍の792mm相当までよれます。792mm相当までズームできれば、高倍率の望遠機を特に好む人でも、満足できるのではないでしょうか。

セーフティズームは、画質が劣化するデジタルズームになる前に、一旦セーフティズームの範囲でズームが停止するので安心できます。野鳥などの単体の写真であれば、200万画素相当でも綺麗に撮ることができます。以前の名機と言われた望遠機のオリンパスのC-2100 Ultra Zoomも、200万画素相当機でした。

SX110 ISは、デジタルテレコンも使えます。デジタルテレコン1.3倍で46.8mm~468mm相当、デジタルテレコン2.2倍で79.2mm~792mm相当になります。セーフティーズームとは違って、ワイド側が望遠になっています。2.2倍では79.2mmが最広角端になるので、79.2mmでF2.8のレンズの明るさを保てます。デジタルテレコンを使わない時には79.2mmはF3.5なので、シャッタースピードが稼げます。

デジタルテレコンは、特に接写をする際にとても役に立つ機能です。79.2mmでF2.8の明るさで、1cmまでよれます。ここまでよれたら、マクロ機能としては十分ではないでしょうか。デジタルテレコンはレンズの明るさを保ったままで焦点距離が望遠側に移動するので、望遠側をよく使う人には、レンズの明るさの面でシャッタースピードが少し稼げるようになります。

SX110 ISは、マクロ設定にすると撮影可能の距離表示が出ます。ズーム表示のところに、1cm、3cm、5cm、10cm、20cm、30cmというように数値が表示されます。被写体から5cmくらい離れてのマクロ撮影がしたいなどの場合に、便利な機能です。

PowerShot SX110 ISは、海外旅行に本当に安心の単3電池使用機で、手ブレ補正付き光学10倍ズーム、フルマニュアル機能、そのコンパクトさを考えると、海外旅行写真にもぴったりなコンパクトデジカメになっています。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事