Canon S120とS110の違いと比較

Canon S120とS110

前の01のキヤノン PowerShot S120のレビューと比較の記事からの続きです。

S110の後継機のキヤノンのS120は、かなり進化して改善した機種になっています。1年でかなり変わったので、S110からS120に買い換えるだけの価値があります。まず最初に、S120になってS110よりもマイナスになったことですが、S120の重さです。S110は本体のみで約173グラムでしたが、後継機のS120は本体のみで約193グラムになりました。このS120の重さがどうしても許容できないのなら、S120は購入の選択肢から外れます。S120はS110と比較して気になるのはこの重さくらいで、後はS120のほうがかなり進化しています。以下に続きます。


スポンサーリンク


S120は画質面で大きくS110より進化しました。S110のDIGIC5からS120のDIGIC6へと画像エンジンが刷新されました。キヤノン機の画像エンジンが刷新される度に、ノイズが少なくなっています。それに、S110は従来の表面照射型の撮像素子でした。後継機のS120では、裏面照射型になりました。ソニー製の裏面照射型CMOSは画質がよく高感度ノイズも抑えられていて、内閣総理大臣発明賞も受賞したものです。このDIGIC6と裏面照射型の2つでも、十分にS110からS120は画質が向上しています。

ですが、S120のS110からの画質の進化はそれだけではありません。S120とS110の有効画素数は約1210万画素で同じですが、総画素数がS120のほうがS110より少なくなりました。S110の総画素数は約1330万画素でしたが、S120では約1280万画素です。撮像素子の大きさは、S120もS110もどちらも同じ1/1.7型です。キヤノンの後継機でも画素数を上げないで、画像エンジンを刷新して裏面照射型にする姿勢は、画質重視の姿勢のあらわれです。

それに加えて、さらに、S120はS110よりもレンズが明るくなりました。S120もS110もレンズの焦点距離は同じで、24mmから120mm相当です。S110は広角側の開放F値がF2.0で望遠側の開放F値がF5.9でしたが、S120になってそれぞれの開放F値はF1.8からF5.7になりました。通常は広角側の開放F値が明るくなると望遠端のレンズは暗くなるのですが、S120は望遠側の開放F値も明るくしたのがすごいところです。

S110との画質の違いは、S120はDIGIC6、裏面照射型CMOS、明るいレンズになって、これらが三重奏のようになってS110よりS120のほうが画質が向上しています。レンズが明るいと、ISO感度を抑えて撮ることができます。画質面は光学性能を除いては、上位機のG16とS120は同等レベルにまでなっています。画質以外も、S120はS110から大きく進化しています。S110の3.0型の約46.1万ドットの液晶モニターから、S120の3.0型の約92.2万ドットの液晶モニターになりました。約46万ドットの液晶モニターはコンデジの中級機によくあるものでしたが、約92万ドットになると高級コンパクト並になって、同じキャノンのG16と同じレベルの液晶モニターになりました。

起動時間も、S110の1.7秒からS120では1.2秒になって、S110との比較でS120はかなり速くなっています。S110ではバッテリーが約200枚しか持たなくて、このバッテリーの撮影枚数もS110の欠点でした。S120ではそのバッテリー性能を改善するために、エコモードがあります。S120のエコモードでは約300枚の撮影枚数が可能で、S110との比較では約100枚もバッテリーが持つようになりました。コンデジのコンパクト機の後継機で約100枚もバッテリーが持つようになるのも、すごいことです。S110では通常連写は約2.1枚/秒でしたが、S120の通常連写は約12.1枚/秒になっています。

S120は、G16ではサイズが大きいのでもっとコンパクトなのがいいけれど、画質は妥協したくなくG16に近い画質がいいという時に、S120は最適です。それに、G16の広角端は28mm相当でF1.8のレンズですが、S120は24mm相当でF1.8なので、24mmの広角が必要でF1.8の明るさがいいなら、G16よりもS120しかありません。望遠側の写真はトリミングで対応できますが、広角が足りない写真はそこに情報としての画像がないので、どうしようもありません。24mmのF1.8というレンズに価値を置くのなら、G16よりも使えるのがS120になっています。PowerShot S200のレビューとS120との比較を書いています。キヤノン S120とG16の違いに、G16との違いを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事