Canon PowerShot G5 X レビュー 比較と評価

PowerShot G5 X

キヤノンのPowerShot G5 Xの総画素数は約2090万画素で、撮像素子は1.0型の裏面照射型CMOSです。裏面照射型は、従来の表面照射型よりも高感度時のノイズが抑えられたセンサーです。画像処理エンジンはDIGIC 6です。レンズの焦点距離は24mmから100mm相当で、実質の焦点距離は8.8mmから36.8mmです。レンズが最も明るい開放F値は、広角端でF1.8、望遠端でF2.8です。マクロ性能は、レンズ面から被写体まで、広角端で5cm、望遠端で40cmまで寄れます。G5 Xのレンズは1.0型で、1/2.3型や1/1.7型より余裕のある大きさなので、レンズもF11まで絞ることができます。以下に続きます。


スポンサーリンク


レンズの絞り羽根枚数は9枚なので、円形に近いボケ味も出せます。最短撮影距離時の撮影範囲は、アスペクト比が3対2で、広角端で94mm×63mm、望遠端で150mm×100mmです。画質の劣化を抑えられるプログレッシブファインズームでは、約1200万画素の時にも、264mm相当までのズームができます。デジタルテレコンでは、約2.0倍の48mm相当が使えます。デジタルテレコンとはに書いていますが、デジタルテレコンは便利に使えます。G5XのオートNDフィルターは、レンズの絞りとシャッタースピードとISO感度でも適正露出にならない場合に3段分の減光を自動でして撮影できます。

オートNDフィルターは、オンとオフができます。レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段数のことを書いています。手ブレ補正は、静止画では光学手ブレ補正で補正効果はCIPA基準の望遠端で3段で、動画では5軸手ブレ補正が使えます。電子ビューファインダーは0.39型の約236万ドットで、アイポイントは22mmで、視野率は100%です。アイセンサー付きなので、モニターとEVFが自動で切り替わります。液晶モニターは3.0型の約104万ドットで、アスペクト比は3対2です。バリアングルタイプで裏返しにも収納できるので、EVFを覗く時にモニター側に鼻が付くのも防げます。

モニターはタッチパネルに対応して、タッチシャッターもできます。バリアングルモニターを使って、自分撮り用の撮影モードもあります。ISO感度は、ISO125からISO12800まで使えます。シャッタースピードの上限は、1/2000秒です。バルブ撮影もできます。記録メディアはSDカード系で、UHS-Iにも対応しています。連写の秒間コマ数は、被写体にピント固定で、約5.9枚/秒です。AF追従のサーボ時には、約4.4コマ/秒です。AFの測距点数は31点あります。露出補正の補正幅は±3段で、補正ステップ数は1/3段です。動画性能はフルHDの1920×1080のフレームレートが60pで撮影できて、動画撮影中のシャッタースピードが1/8秒でも撮影できます。

動画には自動水平補正の機能もあって、動画中の光学ズームも使えます。動画のファイル形式はMP4で、動画の映像はMPEG-4 AVC/H.264、動画の音声はMPEG-4 AAC-LCのステレオです。ステレオ音声のスピーカーもあります。MF拡大機能があって、10倍に拡大することもできます。電子ダイヤルがカメラ前面の右にあってレンズの絞りやシャッタースピードなどを調整できて、露出補正ダイヤルもあります。レンズ部にはコントローラーリングもあって、そこでもレンズの絞りやシャッタースピードの調整ができます。被写体のピント面の輪郭を色で強調するピーキング機能もあります。

RAWは14ビットで記録できます。内蔵フラッシュもあります。アクセサリーシューもあるので、スピードライトの600EX-RT、430EX III-RT、320EX、270EX II、ハイパワーフラッシュのHF-DC2も使えます。Wi-Fiと近距離無線通信のNFCも使えます。スマホのGPSを使って、写真に位置情報の追加もできます。氷点下は動作環境外です。ボディー背面にAEロックボタンもあります。前面グリップは出っ張りがあって握りやすく、背面にサムグリップもあります。レンズはインナーフォーカス式で、レンズ銅鏡の小型化にもつながっています。バブル撮影では、ISO3200で256秒の撮影ができます。

星空モードでの星のピント調整もできて、星空軌跡での軌跡のシャギー感も抑えて撮影できます。星空ポートレートのモードもあります。星空インターバル動画では、制限なくバッテリー容量まで撮影できます。6種類の写真を撮影できるクリエイティブショットに、クリエイティブショットムービーもあります。静止画と動画を記録するプラスムービーオートで、1日分に動画をまとめたダイジェストムービーの機能もあります。ホワイトバランスでは、日陰も設定できます。バッテリーのNB-13Lで、CIPA基準で、ファインダーで約215枚、モニターで約210枚の撮影ができます。

マニュアルモードで、シャッタースピードと絞り値を決めてISO AUTOの時でも露出補正ができます。TAvモードの最適な撮影状況と新露出のISO感度に、そのISO AUTOでの露出補正のことも書いています。エコモードでは、CIPA基準で約320枚の撮影ができます。動画撮影可能時間は、キヤノンの測定基準で約40分です。USB充電もできるようになっています。G5 Xの本体のみの重さは、約353gです。

G5 XとG9 Xの違いG5 XとRX100 IV (RX100M4)の違いG5 XとG3 Xの違いG5 XとGR IIの違いに、違いを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事