Canon IXY 200 レビュー 比較と評価

IXY200

キヤノンのIXY 200は、2016年2月25日に発売されたIXY 180の後継機です。

IXY 200の有効画素数は約2000万画素で、1/2.3型のCCDです。高感度に強い裏面照射型のCMOSではないので、高感度撮影に向いていない機種です。以下に続きます。


スポンサーリンク


画像処理エンジンはDIGIC 4+で、何世代も前の旧エンジンです。レンズの焦点距離は28mmから224mm相当で、実質の焦点距離は5mmから40mmです。

レンズが最も明るい開放F値は、広角端でF3.2、望遠端でF6.9です。マクロ性能は、レンズの先端から被写体まで、広角端で1cmまで寄れます。

最短撮影距離時の撮影範囲は、広角端で23mm×18mm、望遠端で225mm×169mmです。

できるだけ画質劣化を抑えるデジタルズームのプログレッシブファインズームでは、448mm相当までズームできます。

被写体までズームできるオートズームの機能もあります。光学手ブレ補正がなく、デジタルISで連写合成での電子手ブレ補正になります。

IXY 200は光学ズームで224mm相当までズームできるので、光学式手ブレ補正がないのは不便で、448mm相当のズームまでする時には手ブレ写真だらけになります。

液晶モニターは2.7型の約23万ドットです。23万ドットの液晶モニターは旧世代のモニターでかなり粗いです。ISO感度は、ISO100からISO1600まで使えます。

ISO1600までしかないのは高感度耐性に弱いので、高感度撮影に向いていないので、IXY 200は夜間の撮影などに向いていません。

撮影時の露出モードはプログラムモードはありますが、シャッター優先、レンズの絞り優先は使えません。

シャッタースピードの上限は、1/2000秒です。記録メディアはSDカード系で、FlashAirが使えます。連写性能は、約0.8枚/秒です。

露出補正の補正幅は±2段で、1/3段ステップで補正できます。動画性能は、1280×720の25.00fpsで約15Mbpsで撮影できます。

動画のファイル形式はMOV、動画の映像はMPEG-4 AVC/H.264、動画の音声はリニア PCMのモノラルです。

動画撮影中の光学ズームが使えます。FUNC.SET、MENU、INFO.ボタンの操作が無効にできる安心オートの機能があります。

日付写し込み設定の切り替えができるDATEボタンもあります。内蔵フラッシュもあります。

Wi-Fiと近距離無線通信のNFCもないので、通信機能が使えません。バッテリーの撮影枚数は、NB-11Lで、CIPA基準で、液晶モニターで約210枚、エコモードで約285枚です。

IXY 200の本体のみの重さは、約111gです。

IXY 200はスマホでカメラを使うとバッテリーが減って困るから別にカメラがいるとかで使うのはいいですが、画質自体は、デジカメだからスマホより高画質ということはないです。

スマホではできない光学ズームで224mm相当までズームできるので、スマホとの違いでは224mmズームが大きな特徴です。スマホのズームはデジタルズームなので、画質がかなり劣化します。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事