キヤノン EOS M100 レビュー 比較と評価

EOS M100

キヤノンのEOS M100は、2015年10月29日に発売されたEOS M10の後継機です。EOS M100の有効画素は約2420万画素で、画像処理エンジンは DIGIC 7です。

撮像素子は、APS-C相当で約22.3mm×14.9mmのCMOSです。モニターは縦横比が3対2型の3.0型で、約104万ドットです。モニターはチルト式で、上方向に約180度に動かせて自分のほうに向くので、自分撮りができます。以下に続きます。


スポンサーリンク


モニターで水準器表示はできません。タッチシャッターが使えます。モニターでは、位相差AFが使えるデュアルピクセルCMOS AFです。位相差AFは速度に優れて、コントラストAFは精度に優れています。

ISO感度は、ISO100からISO25600まであります。シャッタースピードの上限は1/4000秒です。記録メディアはSDカード系が使えます。連写性能は、AFが被写体に追従するサーボAFで、約4.0コマ/秒です。

AFの測距点数は49点です。露出補正の補正幅は、1/3段ステップで±3段で補正できます。動画は、フルHDの1920×1080の60pで撮影できます。

動画のファイル形式はMP4、動画の映像はMPEG-4 AVC/H.264、動画の音声はMPEG-4 AAC-LCのステレオです。ステレオマイクが内臓しています。

ピーキング機能があるので、それを使えば、被写体のピント面の輪郭を色で強調して表示できます。ピントとは 点でなく面で合う実像面に書いています。

AFの検出輝度範囲はISO100で、EV-1から18です。フラッシュは、ISO100でガイドナンバーが約5の手動ポップアップ式のストロボがあります。

ストロボの同調速度は1/200秒です。Wi-Fiに、Bluetooth、近距離無線通信のNFCも使えます。専用のアプリのCamera Connectでペアリングして、SNSに投稿することもできます。

バッテリーの撮影枚数は、CIPA基準で、約295枚です。EOS M100の本体のみの重さは約266gです。ボディの色は、ホワイト、ブラック、グレーの3色があります。

EOS M100には、9種類のフェイスジャケットがあります。EOS M100にはEF-M15-45 IS STM レンズキットと、ダブルレンズキットがあります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事