カメラ内RAW現像はどんな時に使えばいいのか

カメラ内RAW現像とは

RAW記録した画像はパソコンで現像するもので、カメラでのJPEG撮影とは分けられていました。RAWもJPEGも、元の生データを現像しているのはどちらも同じですが、RAWはパソコンで、JPEGはカメラでするものでした。

そこに、カメラ内RAW現像が出てきました。カメラ内RAW現像は、RAWとJPEGのいいとこ取りの機能です。RAW記録でのパソコンでのRAW現像は、確かに、レタッチ耐性があるので編集に向いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


しかし、RAW現像の問題は、撮影現場との時間と空間のずれがあることです。写真は、その現場での瞬間の思いを載せたものです。そして、JPEG撮影では、その現場での瞬間の思いを具現化した写真にできます。

そこで、RAW記録しても、その撮影現場での瞬間の思いをその場であらわしたいというのがカメラ内RAW現像です。RAW記録からRAW現像する時でも、撮影現場での時間と空間を一致させるのがカメラ内RAW現像です。

RAW記録であっても、その場で感じた光や色や、あるいは匂いや音まで含めて、その場の写真で表現したいと思っても、撮影現場から離れてパソコンでRAW現像する時には、その現場での瞬間の思いが飛んでしまっては困ります。

RAWで記録すると、現像するのはいつでもできるからとRAWの状態で保存したままで残しておくと、撮影現場での思いは吹き飛んでしまいます。カメラ内RAW現像の機能は、RAWであってもJPEG撮影時の思いを共有したい面があります。

それに、カメラの処理性能は年々向上しているので、カメラ単体でRAW現像することがもっと普及するようになると思います。カメラのモニターとパソコンのモニターが違う問題もあります。

このことも、将来的には、物理的制限を越えた透過型拡大モニターが出ると思います。それでも、同時代ではカメラ単体よりもパソコンのほうが処理性能がかなり優れているのは変わりありません。

それでも、カメラの処理性能は今よりも格段によくなっていくので、現在のパソコンでするRAW現像の機能はカメラ単体で行えるようになります。その時でも、本気の1枚のRAW現像や職業写真家はパソコンで現像しても、一般的にはカメラ内RAW現像で十分となるかもしれません。

カメラ内RAW現像は、カメラの処理性能が格段に向上する将来も見据えた機能にもなっているのです。カメラ内RAW現像なら、RAWから何回現像してもそのRAWデータはなくなりません。

その場で一回限りの撮影で自分の瞬間の思いを表現するJPEGに比べて、RAW現像はその時の思いを現場で何回も繰り返して表現することができます。カメラ内RAW現像は、瞬間の思いを現場で表現したいけれども、一回限りのJPEG撮影では難しすぎる時に使える機能です。

RAW現像よりJPEG撮影を薦める決定的理由とはJPEG撮影はRAWより上級者向けも、書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事