B700とB500の違いと比較

B700とB500

B700とB500の主な違いと比較を書いています。B700の有効画素数は2029万画素で、B500の有効画素数は1602万画素です。センサーはどちらも、高感度ノイズの低減に効果がある1/2.3型の裏面照射型CMOSです。以下に続きます。


スポンサーリンク


この画素数の違いが、B700とB500の大きな違いになっています。センサーが同じ大きさなのに、B500のほうが画素数が少ないので、高感度に強くなっているのです。

B700はISO100からISO3200までですが、B500はISO125からISO6400まで使えます。B500のほうが高感度に強いので、撮影場面が広がっています。

ISO3200までしかないB700は、高感度撮影に弱い機種なので、そこがB500と比べて問題になっています。B700のレンズの焦点距離は24mmから1440mm相当で、B500は22.5mm相当から900mm相当です。

光学ズームが1440mmまでと900mmまではかなり違うので、野鳥撮影などではB700のほうがかなりのメリットがあります。B500でも、あとで画像から被写体を切り取ればいいとしても、画素数がかなり下がってしまいます。

レンズの最も明るい開放F値は、B700は広角端でF3.3、望遠端でF6.5です。B500はF3からF6.5です。B700は手ブレ補正は、約5段の補正効果がありますが、B500は約3段です。

B700にはEVFの0.2型の約92万ドットがありますが、B500にEVFはありません。EVFがあったほうが、特に屋外の晴天時で被写体が見やすいので、B700のほうが便利に使えます。

B700のモニターはバリアングル式で、B500は上下に動くチルト式です。B700の動画性能は3840×2160の30pで撮影できますが、B500はフルHDです。B500はアルカリ乾電池も使えます。

B700とB500の主な違いを書きましたが、B700B500の記事に、それぞれの機種のことを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。 単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。 コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事