α7R IIと5Ds Rの違いと比較

α7R IIと5Ds R

α7R II5Ds Rの主な違いと比較を書いています。α7R IIの総画素数は約4360万画素で、5Ds Rの総画素数は約5300万画素です。どちらの機種も、将来の8Kテレビの約3300万画素以上の画素数があります。8Kテレビが一般家庭の標準になる時になっても、α7R IIと5Ds Rのどちらもで、8Kテレビでの閲覧で画素数が不足することはなく、α7R IIでも縮小して表示することができます。テレビでの写真閲覧をする機会が多いのなら、8Kまで視野に入れても、α7R IIと5Ds Rのどちらかでも十分に閲覧できます。α7R IIと5Ds Rも撮像素子は35mmフルサイズで同じです。5Ds Rのほうが画素数が1000万画素くらい多いので、高感度に弱くなっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


それに、α7R IIは35mmフルサイズでありながら、裏面照射型CMOSです。α7R IIのほうが画素数が1000万画素くらい少ない上に、高感度耐性がある裏面照射型CMOSが搭載されて、α7R IIは5Ds Rよりかなり高感度に強くなっています。5Ds Rの常用感度域のISO感度は、ISO100からISO6400までですが、α7R IIの常用ISO感度は、ISO100からISO25600まであります。5Ds Rは35mmフルサイズなのに常用ISO感度がISO6400までしかないのは、35mmセンサーに5000万画素以上もあって、α7R IIの裏面照射型ではないことがあらわれています。α7R IIと5Ds Rでは、拡張感度にも大きな違いがあります。

5Ds Rの拡張感度には、低感度でISO50相当と、高感度ではISO12800までです。α7R2の拡張感度は、低感度側で、ISO50、ISO64、ISO80があって、高感度側ではISO32000からISO102400まであります。α7R IIは裏面照射型CMOSであることもあって、5Ds Rより高感度撮影にかなり向いています。α7R IIは総画素数が4300万画素以上もあっても、高感度側で余裕を見せているのはすごいことです。α7R IIは動画でも、ISO100からISO25600相当まで使えます。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。α7R IIはローパフフィルターレスです。

5Ds Rはローパスフィルターをキャンセルして解像感を高めるものなので、5Ds Rにはローパスフィルター自体はあります。5Ds Rはα7R IIよりも、基準感度のISO100付近で撮影することを心がけて、特に広大な風景撮影の解像度重視の撮影に向いています。ですが、α7R IIも4000万画素以上もあって、しかもローパスフィルターレスなので、α7R IIでも風景撮影に適した撮影はできます。α7R IIと5Ds Rの大きな違いは、光学ファインダーと電子ビューファインダーの違いもあります。α7R IIのファインダーの倍率は約0.78倍もありますが、5Ds Rは約0.71倍です。α7R IIのファインダーのほうが、被写体を迫力ある姿で捉えられます。

5Ds Rの視度調整の範囲は約-3.0から+1.0ですが、α7R IIは-4.0から+3.0と範囲が広いのはEVFの利点です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。5Ds Rの液晶モニターは3.2型の約104万ドットの固定式で、α7R IIは3.0型の約123万ドットで、上に約107度、下に約41度に動かせる上下のチルト式です。α7R IIの測距点数は像面位相差AFで399点もの位相差AFが使えますが、5Ds Rの測距点数は61点です。α7R IIと5Ds Rの大きな違いに、動画性能があります。5Ds RはフルHDの約30pの動画までしか撮れませんが、α7R IIはXAVC 4Kの3840×2160の30pで、最大ビットレートが100Mbpsで撮れます。

5Ds Rのファイル形式はMOVですが、α7R IIはXAVC S、AVCHD、MP4があります。動画重視なら、5DsRをよりもα7R IIのほうがかなり優れています。α7R IIはボディ内手ブレ補正で補正効果が4.5段ありますが、5Ds Rはボディ内非搭載でレンズ式手ブレ補正の差もあります。レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段数のことを書いています。α7R IIにはWi-Fiと、近距離無線通信のNFCがありますが、5Ds Rにはどちらもありません。α7R IIのバッテリーでの撮影枚数はCIPA基準で静止画ではファインダー使用で約290枚、5Ds RはCIPA基準でのファインダー撮影で常温で約700枚、低温で約660枚の撮影枚数です。α7R IIは本体のみで約582gですが、5Ds Rは本体のみで約845gなので、約260gくらいの差があります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事