α7とD610の違いと比較

α7とD610

ニコンのD610と、ソニーのα7の主な違いと比較を書いています。D610の総画素数は2466万画素でα7の総画素数は約2470万画素なので、画素数はほぼ同じです。D610のファインダー倍率は約0.7倍で、視野率は約100%で視度調節の範囲は-3から+1です。α7のEVFは、0.5型で約236万ドットのファインダー倍率が0.71倍で、視野率が100%の視度調整の範囲は-4.0-+3.0m-です。視度調整のことは、ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に書いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


D610とα7の大きな違いに光学ファインダーとEVFがありますが、動体撮影をよくするなら光学ファインダー、静的撮影をよくするならEVFのほうが向いています。D610の3.2型の液晶モニターは固定式の約92万ドットで、α7の3.0型の液晶モニターは約92万ドットで、上に約90度、下に約45度に動くチルト式です。D610のISO感度の常用感度はISO100からISO6400で減感でISO50相当と増感でISO25600相当まで使えて、α7のISO感度は、常用感度がISO100からISO25600で拡張でISO50も使えます。

α7のマルチショットノイズリダクションを使えば、ISO51200が使えます。マルチショットノイズリダクションは、連写の合成でノイズを減らす機能です。シャッタースピードの上限は、D610は1/4000秒でストロボの同調速度は1/200秒、α7のストロボの同調速度は1/250でシャッター速度の上限は1/8000秒です。D610はSDカードのダブルスロットで、α7はSDカードのシングルスロットです。連写は、D610は最高で約6コマ/秒で連続撮影枚数は100コマまでです。

α7の連写は最高約5コマ/秒ができますが、AF追従連写では最高で約2.5コマ/秒です。D610のほうが、秒間の連写性能が優れています。α7はJPEGのLサイズのスタンダードで、200枚の連続撮影枚数です。D610の測距点は39点ですが、α7は位相差AFで117点までの測距点があります。D610の露出制御の測光方式は2016分割RGBセンサーで、α7の露出制御の測光方式は1200分割です。D610はAPS-C相当のDXレンズが使えますが、α7はAPS-C相当のレンズは使えません。

α7にはマウントにレンズを装着したり、全画素超解像ズームなど、D610にはない機能もあります。動画は、D610は1920×1080の30pで、α7は1920x1080の60pです。D610にはガイドナンバーが約12の内臓フラッシュがありますが、α7には内臓フラッシュはありません。D610は内蔵モノラルマイクで、α7は内臓ステレオマイクです。D610はWi-FiとGPSは非搭載で、α7はWi-Fiと近距離無線通信のNFCの機能がありますが、GPSは非搭載です。

D610のバッテリーはCIPA基準で約900枚で、α7はCIPA基準でEVFでは約270枚です。α7は、D610よりもバッテリーの撮影枚数が大きく劣ります。D610は本体のみで約760gで、α7は本体のみで約416gです。

D610のレビューと比較α7のレビューと比較に、D610とα7の記事を書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事