8000Dと70Dの違いと比較

8000Dと70D

EOS 8000DEOS 70Dの主な違いと比較を書いています。8000Dの有効画素数は約2420万画素で、70Dの有効画素数は約2020万画素です。70Dの画像処理エンジンはDIGIC 5+で、8000DはDIGIC 6です。70DはデュアルピクセルCMOS AFで、8000Dはハイブリッド CMOS AF IIIです。デュアルピクセルCMOS AFはハイブリッド CMOS AF IIIより位相差AFセンサーが効率よく使えるので、AF速度に優れています。8000Dの秒間コマ数は、最高でも約5コマ/秒です。以下に続きます。


スポンサーリンク


70Dの秒間コマ数は最高で約7コマ/秒です。連続撮影枚数は70Dが最高で約65枚で、8000Dは約940枚です。8000Dのファインダーはペンタダハミラーで、70Dはペンタプリズムです。70Dのファインダー倍率はAPS-C相当で約0.95倍で、視野率は約98%、アイポイントは約22mmで、8000Dの倍率はAPS-C相当で約0.82倍で、視野率は約95%で、アイポイントは約19mmです。8000Dのファインダーは70Dよりも被写体が小さく見えて、迫力に欠けています。

シャッタースピードの上限は、8000Dは1/4000秒で、70Dは1/8000秒です。このシャッタースピードの上限を見ても、8000Dより70Dのほうが上位機の性能があらわれています。露出制御の測光方式は8000Dと70Dのどちらも63分割のTTL開放測光は同じですが、8000Dには7560画素RGBによる露出制御方式が追加されています。8000Dは70Dよりも下位機であっても時期的には最新機種なので、新たに追加された機能もあります。

8000DのほうがDIGIC 6で最新機種ですが、ISO感度領域は70Dと同じで、高感度撮影時のノイズはどちらもそこまで差はありません。ストロボの同調速度は8000Dが1/200秒で、70Dは1/250秒です。動画のファイル形式は70DがMOVで、8000DはMP4です。70Dは防塵防滴のボディですが、8000Dは防塵防滴に配慮されたボディではありません。70DにはAFの微調整が行えるマイクロアジャストメント機能がありますが、8000Dにはありません。

特にサードパーティー製のレンズをよく使うのなら、AF微調整ができる70Dのほうが安心できます。8000Dには近距離無線通信のNFCがありますが、70Dはありません。バッテリーの撮影枚数は、70DはバッテリーのLP-E6でのCIPA基準の常温で約920枚、ライブビュー撮影で約210枚、8000DはバッテリーのLP-E17で、常温のCIPA基準で約440枚、ライブビューで撮影で約180枚です。70DのLP-E6はEOS 5D Mark IIIEOS 6DEOS 7D Mark IIなどにも使えるバッテリーです。

8000Dの本体のみの重さは約520gで、70Dは本体のみで約675gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事