EOS 5D Mark IVとEOS 6Dの違いと比較

EOS 5D Mark IVとEOS 6D

EOS 5D Mark IVとEOS 6Dの主な違いと比較を書いています。EOS 6Dの有効画素は約2020万画素で、EOS 5D Mark IVの有効画素は約3040万画素です。EOS 5D Mark IVの画像処理エンジンはDIGIC 6+で、EOS 6Dの画像処理エンジンはDIGIC 5+です。以下に続きます。


スポンサーリンク


EOS 5D Mark IVはインテリジェントビューファインダーIIがあるので、ファインダー内に情報の表示ができます。EOS 5D Mark IVのフォーカシングスクリーンは固定式ですが、EOS 6Dは交換式です。EOS 5D Mark IVのミラー振動の制御が新しくなっているので、EOS 6Dよりファインダー像の消失時間が短くなっています。

EOS 5D Mark IVのモニターは3.2型の約162万ドットで、EOS 6Dは3.0型の約104万ドットです。EOS 5D Mark IVは、EOS 6Dでは使えないタッチパネルが使えるのが大きな違いです。EOS 5D Mark IVは像面位相差AFのデュアルピクセル CMOS AFが使えるので、ライブビューでのAF速度が速くなって、モニターでの静止画と動画撮影がEOS 6Dよりかなり快適に使えます。

EOS 5D Mark IVは、EOS 6Dにはできないモニターの色調設定ができて、暖色、標準、寒色1、寒色2から選択できます。EOS 5D Mark IVの常用ISO感度はISO100からISO32000で、EOS 6Dの常用ISO感度はISO100からISO25600です。

EOS 6Dでも高感度ノイズが少なかったのですが、EOS 5D Mark IVでさらに高感度耐性がよくなっています。EOS 5D Mark IVのほう画素数が増えて画素ピッチも狭くなったのに、EOS 5D Mark IVのほうがノイズが少ないです。画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味に、画素ピッチのことを書いています。

拡張感度は、EOS 5D Mark IVとEOS 6Dの両方ともでISO50相当、ISO51200相当、ISO102400までです。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。記録メディアは、EOS 6DはSDカード系のシングルスロットですが、EOS 5D Mark IVはUDMAモード7対応のCFとSDカード系が使えるダブルスロットです。

EOS 5D Mark IVは1/8000秒まで使えますが、EOS 6Dは1/4000秒までです。EOS 5D Mark IVは秒間コマ数が最高で約7.0枚/秒ですが、EOS 6Dは最高で約4.5枚/秒です。EOS 5D Mark IVのAFの測距点数は61点で、クロス測距点は41点で、61点の測距点と21点のクロス測距のすべて、F8測距ができます。

EOS 6DのAFの測距点数は11点です。AF性能もEOS 5D Mark IVのほうがかなり優れていますが、静止した風景やポートレート撮影ならEOS 6Dでも十分に使えます。EOS 6DはフルHDの30pまでしか撮れませんが、EOS 5D Mark IVは4Kの約30pで撮影できて、4K動画から約880万画素の静止画切り出しもできます。

4Kフォトとは 静止画連写との違いと動画写真が台頭する?に、4Kフォトのことを書いています。EOS 5D Mark IVは、オートホワイトバランスでホワイト優先が使えます。EOS 5D Mark IVにはデジタルレンズオプティマイザ専用ICがあるので、カメラ単体でデジタルレンズオプティマイザが使えて、RAWとJPEGで使えます。

EOS 5D Mark IVはJPEG撮影時でも、回折現象補正ができます。EOS 5D Mark IVにはデュアルピクセルAFを使ったDPRAW(デュアルピクセルRAW)があるので、DPPで、ボケシフト、ゴースト低減、解像感の補正の3つが後処理できます。

露出制御の測光方式は、EOS 6Dは63分割ですが、EOS 5D Mark IVは、約15万画素RGBと252分割です。シャッターユニットの耐久性は、EOS 5D Mark IVは15万回ですが、EOS 6Dは10万回です。EOS 5D Mark IVのバッテリーの持ちはファインダー撮影で約900枚で、EOS 6Dは約1090枚です。

EOS 5D Mark IVの本体のみの重さは約800gで、EOS 6Dは約680gで軽く持ち歩きやすいです。総じてEOS 5D Mark IVのほうが優れていますが、価格差があります。EOS 6Dも同じ35mmフルサイズなのでポートレート撮影なら背景のボケ量もEOS 5D Mark IVと同じで、ポートレートならAFの測距点数が11点でも使えます。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事